自己破産に関連した事項

裁判所が債務者の現状と将来の収入や財産を確認します。その後、裁判所が債権者の借金返済能力が困難であると判断した場合、法的に借金をなくして貰う手続きが、自己破産になります。
自己破産のデメリットは、20万円を超える財産を没収されます。現金は、99万円を超えて持っていてはいけません。しかし、生活に必要な財産は、没収されません。3~6ヶ月間の自己破産の手続期間中、弁護士、保険募集人、警備員などの職に就くことができません。
自己破産者に財産などがない場合、破産手続開始決定と同時に、自己破産手続を終了することができます。この手続きを同時廃止手続きと言います。この場合、手続期間は、3~4ヶ月になります。
債権者に貸金業者から多額の借入金があった場合、貸金業者が、債権者に毎日のように携帯電話や自宅に連絡を入れてきます。しかし、弁護士が、貸金業者へ受任通知を送付し、貸金業者がこの通知を受け取った後は、電話連絡などの取り立ては終息します。なぜなら、受任通知を受け取った貸金業者は、法律上、債権者へ直接連絡をしてはいけない決まりになっているからです。

過払い請求の知恵

過払い請求を行っていく場合には、完済してからの時間が10年以上建ってしまっている場合などに請求していくことが可能になっていきますので昔に借金などの経験がある方などはおこなっていくことがオススメのものとなっていきます。ですが、過払い請求をしていけえば払いすぎた分がかえってくるのでラッキーなんて思うかたも多いようですがメリットだけでなくデメリットの部分もあることを理解していくが必要になってきます。デメリットにならない場合もありますが過払い請求をしていった場合には、信用情報に記載されてしまう可能性がでてきてしまいます。ブラックリストともいわれるものとなっていきますので次になにかお金を借りる場合などに不利になってしまう場合があります。自分で請求をしていくのにはとても手続きなどが大変なものとなっていきますので弁護士であったり司法書士などに頼んでいくことが手間をかけずに行っていくこととなっていきます。かなりの金額がかえってくる場合もありますのでオススメとなります。

任意整理のメリットについて

任意整理のメリットについて考えてみましょう。最大のメリットのひとつとして任意整理をおこなうと、債務が大幅に減額できる場合があります。さらに過払い金があると、逆にお金が戻ってくることもあります。今まで返済に悩んでいた人にとっては大きなメリットになるでしょう。

また任意整理を開始すると、整理が終わるまで、返済を止めることができます。そのあいだに貯金をおこなったり、生活の立て直しをすることもできることもメリットと言えます。また債権者側からの取立てもストップすることになります。これは法律で決められていることなので気が楽になるでしょう。

また任意整理に煩わしい手続き等は依頼した法律事務所等がすべて代行してくれますので安心して自分の日常に没頭できるのも大きなメリットと言えるでしょう。そして自己破産と違って、家族に内緒で手続きを進めていけるのもメリットと言えるのではないでしょうか。また手続き後の返済についても、分割払いができるので本人にとって心理的負担が少ないというメリットもあります。

自己破産で生じるメリットとデメリットとは

 債務整理は、借金返済が苦しくなった場合に、合法的に負担を軽くする方法の事です。債務整理を行うと信用情報機関に記録されてしまうというデメリットが生じますが、通常の契約よりも返済する金額を減少させる事が出来ます。自己破産は、債務整理の中で最もメリットとデメリットが大きい方法であり、借金を返済する責務から解放されますが、最長で10年間信用情報機関に記録されてしまうので、記録されている間は、新たに金融業者からお金を借りることはできなくなってしまいます。

 自己破産は、返済能力がないという事を認められる必要があります。返済能力が十分である場合や、財産を隠している場合は、借金を返済することを免れるという意味の免責決定がされないケースもあります。ギャンブル目的での借金についても免責不許可となる場合もあります。誰でもどんな場合でも借金を零にする事が出来る方法ではないという事を認識する必要があります。

 自己破産を行うと一部の業務を行う事が出来なくなるのですが、免責決定がされると職業制限は加除されます。しかし自己破産申請を行ってから免責許可が決定されるまでには、数カ月かかるので、職を失ってしまうケースもあります。

過払いの可能性について考えてみよう

近年、過払い金という言葉が注目されていますね。
そもそも過払いというのは出資法改正前に存在した、グレーゾーン金利というものが元で発生する、借り入れ金額に対して払いすぎている状況のことを指します。この過払い分のお金というものは、現在法によって請求できる仕組みになっており、それによって借金がなくなったというものや、まとまったお金が出来たという口コミもあり話題になっています。
過去消費者金融で長期の返済をしていたという人なら、高い確率で過払い金が発生している恐れがあり、とりあえず調査してみることが勧められているのですが、個人で行うのはなかなか難しいのが悩みどころです。弁護士や司法書士などの専門の職業の方に依頼すると、スムーズに進めるようになるので、積極的に無料の相談を利用していくとよいでしょう。
過払い金の請求は、その消費者金融側が安定した経営状態になければ、多額の回収が難しくなっているので注意が必要です。
もしかしてと思うことがあれば迅速に行動して、なるべく過払い分の金額に近い返還がを受けられるようにしたいですね。

過払いの請求と専門家について

過払い金が発生している場合には、それを請求することができます。
その請求は個人的に行う事も出来ます。
ですので、自分で行ってしまおうと考えている方はかなり多いわけです。
しかし、非常に煩雑な手続きもあります。
さらに、貸金業者側が強い態度に出てきてしまう事もあるので、
個人で過払い金の返還請求をするようなことは避けることもお勧めです。

では、誰に請求を頼むのかということになるでしょう。
基本的に弁護士と司法書士になります。
そちらは借金問題を専門的に取り扱う立場でもありますので、お願いしていただくと良いでしょう。

弁護士と司法書士にお願いするとほとんどの手続きを代行してもらえます。
さらに裁判に発展するような場合には、その裁判についても代行してくれます。
ほとんどすることがなくなりますので、安心してお任せすることができるわけです。

忙しくて判所に行くことができないという方も、安心して弁護士と司法書士といった専門家を利用すると良いでしょう。

消費者金融は審査は大変速い

クレジットカードのローンというのは非常に便利ですが、クレジットカードを作る場合にはどうしても時間が掛かります。
そのため、クレジットカードが無いがすぐにローンを利用したい場合には、少し不便ではないでしょうか。
ローンを利用する場合、すぐに利用可能なものは、やはり消費者金融と思います。
消費者金融は審査が大変速く、審査は問題が無いと30分くらいで終わり、すぐにローンカードが発行されます。
消費者金融は、やはりその印象から敬遠されがちです。
しかしながら、最近では銀行のグループに入っている大手の消費者金融の会社も多く、信用出来ます。
そのため、ローンサービスとしては、消費者金融の方が便利な場合もあり上手に活用した方がいいでしょう。
現在では、一般消費者向けに消費者金融は一番使い勝手のいいサービスを行っており、大手の消費者金融の会社は従来に比べて信用力があるため、これを上手に利用するのがお得ではないかと思います。

消費者金融に関する法律

消費者金融業を経営している貸し金業者に対しては、貸し付けを過剰に行うこと等を防ぐことを目的とした法律によっていくつかの規制が定められています。
消費者保護を定めたキャッシングに関係した法律としては、金利の民法上の上限を規定している利息制限法と、罰則規定がある実質上の上限の金利を規定した出資法があります。
この法律のポイントについてご紹介しましょう。
利息制限法においては、10万円以上100万円未満の元本の場合は、18%の最高年率と規定されており、それを超過して払ったものは無効とされています。
しかしながら、利息制限法には、実質的には罰則規定が無いので現状としては無視されています。
一方、出資法の場合には、罰則規定があるため、29・2%の年律を超過するような貸付を行った場合には、300万円以下の罰金あるいは3年以下の懲役に処せられると規定されています。
このため、以前には最高金利が29.2%の業者が多くありましたが、現在では法律の改正によってなくなっています。

消費者金融のカードローンは大変利用しやすくなっています

消費者金融のカードローンは、少し前までは確かにイメージがあまり良く無かったですが、以前に比べて最近では大変利用しやすくなっています。
まず、大手の消費者金融のいくつかが銀行の系列になったことなどのために良いイメージになりました。
国内のメガバンクの系列の消費者金融、と聞くと全くイメージは違ってくると思います。
また、消費者金融は金利が高いというイメージもありますね。
以前はグレーゾーン金利ということで、貸付が出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の間の非常に高い金利で行われていました。
しかしながら、現在では貸金業法の改正により規制が従来よりも厳しくなっています。
そのため、消費者金融の金利も従来よりも相当低下しているし、銀行カードローンと同様に低い金利の消費者金融も出てきています。
また、キャッシングサービスで利息がつかないものもあるなど、消費者金融のカードローンは使い方によっては非常に使い勝手が良く便利なものです。

不要な契約を解除で審査を通りやすく

キャッシングやカードローンを利用するためには、審査を受けないといけません。
審査を受けた結果、特に問題がないとなれば、キャッシングのためのカードが発行されます。
しかし審査というのは、主に消費者金融や銀行が行うものですので、こちらからどうこうできるものでもありません。

しかし、こちらの努力次第で、審査結果を好転させるテクニックというのはあります。
それは、余計なカードローンやキャッシングをあらかじめ解約しておくことです。
よくよく調べてみると、若かりし頃に契約したキャッシングやカードローン、まだ契約が続いているという方、いらっしゃいませんか。
実は、契約しているカードローンやキャッシングが多ければ多いほど、審査には不利になるのです。

後に契約するほど、多くの場合は有利な条件になります。
そこで、3ヶ月ほど前に不要なカードを解約してから、新たにキャッシングに申し込むといいでしょう。