個人で行いやすい債務整理の方法

 債務整理は個人でも行う事が可能ですが、法律の知識が必要であり、書類の作成や業者との交渉などを一般人が行うのは、かなり難易度が高くなってしまいます。しかし弁護士や司法書士などに手続きを依頼すると費用が必要となります。返済に苦しんでいる状況では、これらにかかる費用はかなりの負担となってしまいます。そんな中で比較的行いやすい債務整理は、特定調停です。

 特定調停は、裁判所に仲介してもらって借金を軽減する方法です。裁判所に申し立てを行う際に必要となるのは、印紙代と切手代です。これらは業者ごとに必要となりますが、1社当たり1000円程度で済みます。専門家に依頼するよりもかなり負担を軽減させる事が出来ます。

 特定調停は、自己破産とは違い借金の理由で制限される事はありません。ギャンブル目的の借金であっても行う事が出来るようになっています。裁判所に仲介を依頼するので、実際の業者との交渉での煩わしさもありませんし、官報に記録される事もありません。特定調停に申し立てると業者からの取り立ては停止されます。

個人再生という選択肢―財産を失いたくない人に

とても返せないくらいの借金を作ってしまった…、でも持ち家や車などを手放したくない…。そんな人には個人再生という債務整理の方法がオススメです。この制度は、簡単に行ってしまえば、債務を最大5分の1程度にまで圧縮し、5年から10年といった比較的長期に渡って返済していくというものです。
最大のメリットとしては、場合によっては家や車といった財産を処分しなくても済むという点です。同じように債務を大幅に圧縮することができる自己破産の場合は、最大で20万円までの財産しか持つことができませんが、個人再生の場合ですと、減額した債務の額の財産まで所有することが認められています。例えば、500万円の債務があった場合、返済し無くてはならない最低金額は100万円となりますが、この場合は合計100万円までの財産を持つことができるのです。
一方で、自己破産の場合と異なり、返済自体は継続するため、個人再生の場合は、債務返済が出来るだけの収入があることが絶対条件となります。
債務の額や経済状況などを考慮してベストな方法を選びましょう!

好感がもてるレイクのCM

最近ではCMでも当たり前のように情報が流れてくる消費者金融のCMが増えてきています。
昔は雑誌の広告や電車の中づりなどがほとんどでそたが、最近では色んなん消費者金融のCMがある為情報が入りやすいと思います。
そんな中で最近目について好感のもてる消費者金融のCMがレイクです。
レイクちゃーんというお決まりのフレーズは、聞いていて面白いと感じます。また、出演してる女優さんも可愛いのでレイクちゃーんと呼ばれて返事をする女優さんに、消費者金融独特の近づきづらい感じはまったくな、頼れそうだなという感じが受けられます。
社会人の人などは仕事を昼間抜けだすなんてことは難しくなります。そんな生活サイクルをサポートするように携帯などからも借りられる・返せることが分かりやすく説明しており、しかも簡単にできるということがよくわかる為、初めてお金を借りてみようかと考える人には抵抗がないのだろうと感じます。
お金を借りずに生活できればいいのでしょうが、どうしても必要な時に頼れるものは好感のもてるイメージのある消費者金融だと感じました。

多重債務は弁護士(借金関連)へ相談を

多重債務に陥ってしまったら
弁護士(借金関連)へ相談をしてはいかがですか。
弁護士は借金問題解決の専門家であなたの債務整理をお手伝いしてくれます。
債務整理にはいろいろな方法があります。
任意整理なら将来利息がカットされる、
過払い金が発生していたら戻ってくるなどのメリットがありますが、
債権者が和解に応じてくれないことがあるのがデメリットです。
自己破産は全額借金が免除されるメリットがありますが、
マイホームなど大半の資産は失ってしまう、ブラックリストにも載ってしまう、
官報に掲載されてしまう、連帯保証人に迷惑をかけてしまうなどのデメリットがあります。
個人再生はマイホームを残せる、借金も大幅に減額される、
ギャンブル・浪費などが理由でも利用できるなどのメリットがありますが、
継続的な収入がないと利用できないといったデメリットがあります。
任意整理も特定調停も個人再生も
その後の返済を気を抜かずに続ける必要があります。
このように法律で借金問題は解決可能なのです。
一人で悩まずにお早目に弁護士事務所にご連絡がおすすめです。

友人への借金は避けよう

借金をする相手として一番良くないのは闇金だといわれていますが、その次の良くない相手としては私は友人を挙げます。友人ひとりにお金を借りるとそれだけで噂がひろまってしまい、連絡するたびに警戒されてしまうようになる危険性がありますので本当におすすめできません。
もちろん消費者金融などに借りると金利がかかってしまうので無駄金だと思うこともあるでしょう。事情があって実家から借りることができない人も少なくありません。しかし、友人ひとりにお金を借りるだけで非常に困った事態になってしまいかねないのもまた事実です。
会社の同僚なども危険はあります。場合によっては会社の査定に影響が出ることも考えられ、あまり会社と借金を結びつけるのは避けたほうが無難です。
やはり一般人がお金に困ったときは素直に銀行など金融機関に頼るのが一番安定していて、問題も起こり得ないので良いのだと思います。知り合いに頼るというのは最後の手段ですね。

消費者金融における利息とは

消費者金融における利息というのは、一年間に借金に対して利息がどれだけ付くかという、年利のことです。
消費者金融会社では、利息は一般的に借金した日数だけかかるというような日割計算を行っているため、利息はこの年利から借金した日数だけを計算することになります。
つまり、利息の計算式は次のような式になります。
利息=借金の残高×年利÷365×借金の日数
一方、銀行等では、利息の計算は月割りが一般的です。
例えば、29.2%の金利の消費者金融で、30日間50万円を借金した時の利息を計算してみると、500000(円)×29.2(%)÷365(日)×30(日)となり、利息は12000円になります。
このような計算から考えてみると、12000円を一ヶ月後に返した場合にはまったく元金が少なくなっていないことがよく理解できます。
一ヶ月後に12000円を返しただけでは、利息のみを支払っているようなもので、いつまでたっても借金は返せないことになります。
そのため、消費者金融で借金をして返済する場合には、元金が減ってくるように毎月の返済額をきめましょう。

住宅を維持して債務整理をする方法

住宅ローンを支払い続けている場合には、住宅は維持したうえで債務整理をするということを考えたい方もいます。
まず、住宅を維持して自己破産をするという事を考えたら自己破産は採用できません。
そもそも、破産のケースでは、住宅を維持することがどうしてもできないわけです。
住宅を処分することが前提です。
ローンがあるなしにかかわりません。

一方で、住宅ローンがある場合に、お勧めになるのが民事再生です。
住宅ローンについては整理を行わないで、その他の借金の整理のみを行うことが可能です。
住宅を維持しながら債務整理ができるわけです。

また、借金の額自体が少ない時には任意整理も可能になります。
こちらは、借金の利息額だけ減らす効果を持ったものになります。
住宅を処分するという考え方がない方法になります。

住宅を維持したいと考えている方で債務整理を行いたい場合には、任意整理が個人再生を行ってください。
自己破産以外なら家を守ることができるわけです。

過払い金請求ではどれくらい返ってくるのか

すでに支払ってしまった債務の一部を返還してもらう過払い金請求の制度は債務整理の際に重要な要素です。では具体的にはどれくらいの金額が返ってくるのでしょうか。
そもそも、過払い金請求制度とは、出資法の上限金利である29.2%と利息制限法で定められた上限の18%との間のいわゆる「グレーゾーン金利」の部分の返還を求めるものです。そのため、具体的な金額については元々の借入金額や課せられていた金利、支払総額、返済期間などによって異なってきます。過払い金請求を専門にしている法律事務所などでは具体的な金額を算出できるほか、ウェブサイトで計算できるサービスを行っているところもあります。
払い続けてきた期間や払った金利の総額によってはかなりの金額になることもあるため、債務整理を行う際には積極的に検討していくのが良いでしょう。前述したように、現在では過払い金請求を専門としている法律事務所が数多くあるため、専門家に相談するとスムーズに手続きを行うことができます。

オークションにキャッシングを利用する

いろいろなものをコレクションしているので、よくネットのオークションサイトは利用しています。買い逃してしまったものや、後から知って欲しいと思っている物でも、粘り強く覗いていると時折出品されていることがあるので、必ず今度こそは手に入れるという意気込みで探しています。

お目当てのものを見つけ次第、この機会を逃したら次のチャンスはいつ巡ってくるかわからないと、何が何でも競り落としたくて、入札を繰り返している内に、他の人と競り合いになり思わず高値になる事もあります。

しかし、時には手元に現金がないのにもかかわらず、見つけてしまうという事もあります。そういう時に頼りになるのがキャッシングサービスです。訪れたピンチの時を救ってくれます。手元に現金が用意できなくても、近くのコンビニに行ってカードを使えばすぐに現金を手にすることが出来きるので、振込日に間に合わせることが出来て助かります。

オーストラリア旅行に行くためにお金が必要になったのでキャッシングを利用しました

友人に急にオーストラリア旅行に誘われました。
前から海外には行ってみたいと思っていたのですが急な話だったので充分なお金がありませんでした。
ある程度の貯金はあったのですが旅行を楽しむためには心許ない金額でした。
現地に行けばお土産を購入する必要もあるので色々とお金がかかります。
余裕を持って旅行に行くためにもキャッシングでお金を借りることにしました。
今までキャッシングを利用したことがなかったので不安だったのですが駅前にあった自動契約機で申し込み手続きをしました。
初めて触る機械で手続きを進めるのは少々不安だったのですが思ったよりも簡単に操作することが出来たので手続きも短時間で終了しました。
審査の結果がでるのも早くて20分ほどでカードが発行されて利用できるようになりました。
試しに側にあったATMで使用してみたのですが問題なくお金を引き出すことが出来ました。