思ったよりも安心なキャッシング

夫の転職で、お金に困りキャッシングをしました。
歳が50歳だったのでなかなか次の職が見つからずに、少ない貯金が底をついてしまいました。
銀行口座から借りられる50万円も枠いっぱいまで借り入れているので、思い切って消費者金融から借りることにしたのです。
金利は銀行より高いですが、即日で貸してくれるので助かりました。
夫が仕事を始め、金利だけでも毎月きちんと返していたら、消費者金融でも特に怖いことはないなという感じです。
まだ正式に社員になっていないので給料が少ないのですが、正社員になるとボーナスも全額支給されるようになります。
それで借金を少しずつ返していく計画です。
例えばギャンブルで使ってお金がなくなってまた消費者金融で借りて、といった使い方をしたらそれは破綻すると思います。
返すあてがあって一時的に借りる分には銀行も消費者金融も金利に差があるという違いしかないかなと思いました。

債務整理はいろいろな方法があります

自分で返済することができないような借金になってしまって、毎月なんとかやり繰りしていると気がついた時には多重債務に陥っていたというようなこともあると思います。
ローンや借金で悩んでいる方は多いと思います。
そのような場合に、一番のおすすめはプロに相談することです。
ひとくちに債務整理といっても、実際にはいろいろな方法があります。
一般的によく言われているのは自己破産ですね。
しかしながら、自己破産に一気に行ってしまう前に、客観的に自分自身の借金についてプロの司法書士に見直してもらうようにすることをおすすめします。
個人再生、任意整理というような、異なった方法も分かってくるかもしれません。
世の中には、多くの経験を持ったプロの司法書士事務所があります。
いろいろなケースを取り扱ってきているので、最もあなたの状況に適したような対処法についてアドバイスを行ってくれるはずです。
司法書士事務所では、相談を無料で受け付けているので、まずは相談を行ってみましょう。

自己破産で減らない借金とは

自己破産では、原則として全ての債務を帳消しにすることができます。これは他の債務整理にはない特徴です。もちろん、その代償として大きなデメリットを負うことはありますが、一生返しきれない債務を抱えてしまったような人にとっては他に選択肢はないでしょう。
ところで、この方法にも盲点があります。それは、「ありとあらゆる債務」が帳消しになるわけではないという点です。
自己破産の手続きとしては、はじめに裁判所に破産の申し立てを行い、そこから審査が開始されます。この審査ではなにを調査するかというと、そのものずばり、借金の中身・性質についてです。
つまり、端的に言ってしまえば、ギャンブルや投機的な内容の取引などによる借金は免責されません。当然のことながら、例えば麻薬売買などの犯罪に関わる借金もダメですし、同様に買い物依存症によって積み上げられてしまった借金も免除の対象外です。
債務整理に取り組む際には、自己破産の持つこのような性質も考慮に入れておかなければならないでしょう。

私が行った任意整理のことについて

私は以前に借金を抱えてしまい困ったことがあります。原因はパチンコやスロットのギャンブルにはまってしまったことが原因でした。
そのため私は200万円以上の借金を背負ってしまいました。返済額は1ヶ月ぎりぎり暮らしていけるような額で返していました。
何ヶ月か返している中で私の中で生活の変化がありました。それは当時付き合っている彼女との結婚が決まったことでした。
私は当時すごいうれしかったのですが、反面借金をまだ返さなければならないという不安な面もありました。
結婚となると費用がかさむため、今の生活ではまた借金を抱えなければならない状態となると思いました。
私はインターネットで調べると任意整理ということを知りました。
任意整理とは毎月支払っている額を減らしてくれるのが特徴となります。私はこれを活用しようと思いました。
そのwebページでは弁護士に依頼することができましたので、相談をし毎月支払う額を減らすように交渉してもらいました。

過払い請求にかかる費用について

過払い請求をするには司法書士または弁護士に依頼することが必要ですから、当然、依頼費用がかかってきます。

過払い請求の費用は依頼する司法書士、弁護士によって異なりますが、おおよそ、3種類の費用がかかります。

1つ目は、初期費用です。
これは言葉通り、依頼開始時に支払う費用で、1、2万かかります。

2つ目は、基本報酬です。
これは、過払い請求が成功した際に支払う費用です。
過払い請求対象1社につき、2、3万かかります。

3つ目は、過払い報酬です。
これは、戻ってきた過払い金の額に応じて支払う費用です。
過払い金の10%から20%を支払うことが多いです。

以上のように、過払い請求をすると様々な費用がかかるわけですが、過払い報酬は比率制で、初期費用と基本報酬は固定制なことに注意しましょう。
つまり、あまりに過払い金が少ない場合は、初期費用と基本報酬を払うだけで、ほとんど過払い金を使い切ってしまうこともあるということです。
あらかじめ、依頼費用と過払い金の差額がどのぐらいになるかを調べておきましょう。

過払い金請求するとブラックリストに載るの?

過払い金請求とは文字通り返済しすぎた利息を返して貰うことです。
借り入れしたお金に対する利息の上限は法律で決まっています。
消費者金融などでお金を借りて利息制限法の上限を超えて利息を払っているときは返還を要求することが出来ます。
過払い金が戻ってくれば借金を減らすことも出来ますし完済した後なら思わぬ臨時収入にもなります。
なので自分の借金を調べてみて利息を払いすぎている場合は積極的に過払い金を請求しましょう。
過払い金を請求するというブラックリストに登録されるという噂があります。
ブラックリストに登録されると新しくローンが組めなかったりするので心配する人も多いと思います。
しかし実際に過払い金請求をしてもブラックリストには登録されません。
ただ同じ消費者金融会社からお金を借りるが出来なくなるかもしれません。
消費者金融は一社だけではないのでもどうしてもお金に困った時は別の消費者金融から借りるという選択肢もあります。

株式やFXでの負債は自己破産は出来ない

支払いきれない借金を精算することが出来る法的手続きを破産と言います。
自己申告によってこの破産手続きを行う事を自己破産と言い、会社などが絡んでない場合の多くはこの自己破産が一般に想像される破産手続きに相当するでしょう。
自己破産というのは、債務者がその債務を完済することができない状態でも、支払いを一気に精算することが可能である制度です。
しかし、それは全ての負債を精算することが出来る物ではありません。
場合によっては破産手続きが受理されず、自己破産が出来ないケースも存在します。
例えば、株式やFXといった投資によって生じた負債。
これは自己破産の免責許可理由にはあたらず、これによって莫大な負債を抱えたとしても免責にはなりません。
近年では手軽に投資をすることが出来るため、法整備が整いつつあっても未だに巨額の負債を抱えてしまう事例が存在します。
免責が出来ない以上一生をかけて支払っていくことになりますので、投資を始める際には自己破産という逃げ道が無いということを知っておきましょう。

任意整理の長所と短所

 任意整理は、債権者と交渉を行い返済額や返済期間を有利な条件に変える手続きの事です。自己破産と比較すると信用情報機関に記録される期間も短くなっており、自己破産のように資格制限がかかる事もないので、デメリットが少ない方法となっています。借金を零にするのではなく、返済する金額やペースを可能な形に変えるというのが目的となっている方法です。

 任意整理と名付けられているように、あくまでも任意での交渉です。債権者側には、任意整理の交渉に応じなければならない法的な根拠はありません。任意整理を行ったからと言って必ず借金を減額できるわけではないという事を認識しておく必要があります。

 任意整理の手続きを法律家に依頼すると業者からの取り立ては停止される事になります。具体的な返済プランを立て直す時間的な余裕が生じる事になります。任意整理後の返済状況が良好であれば、信用情報機関に記録される期間も短縮される可能性があり、新規借り入れを早い段階で行えるようになります。

司法書士は街の法律専門家

借金問題の解決といえば、真っ先に思い浮かぶのは弁護士でしょう。しかし司法書士も法律の専門家であり、一部過払い金等の依頼を受けることができます。そもそも司法書士は登記を専門に行っていますが、登記と言うのは民法と密接なつながりがあるため、借金問題をはじめとする問題には知識が深いのです。そのため法律が改正され、それまで弁護士しかすることのできなかった簡易裁判所の訴訟の代理人を、司法書士も一部することができるようになったのです。
これが過払い金返還のコマーシャルに司法書士が登場している理由です。もっともすべての司法書士がこうした過払い金返還訴訟の代理人となることができるわけではありません。司法書士内部の研修と試験に通った認定司法書士と言う資格が必要になります。
司法書士は弁護士よりも敷居が低いため、いわゆる街の法理専門家という立場で仕事をしています。登記はもちろん借金問題を始めとするトラブルに対して適切なアドバイスをもらえます。

お得なレイクのキャッシング

消費者金融でお金を借りる必要が出てきた時、どこで借りたらいいのか迷っちゃいますよね。
聞いたことのある会社だったらどこでも同じと思っている方も多いと思います。
けど実は消費者金融と一口に言っても会社によって異なるサービスを提供しているんです。
例えばレイクです。レイクの場合は初回限定で無利息になるというサービスがあります。
しかも2種類も用意されているんです。1つは初回限定30日間無利息、もう1つは初回限定5万円以下180日間無利息です。
この180日間無利息は業界でも最長を誇ります。
どちらがお得かはレイクのホームページでチェックすることができるので一度試してみるといいでしょう。
またレイクでは借入・返済の際のセブンイレブンのATM利用手数料が無料なんです。実は他社って、金額に応じて手数料を取っているんですよ。
ちりも積もれば山となります!
長いおつきあいになるかもしれないので、出来れば手数料はかからないほうがいいですよね。