借金地獄から解放する為の自己破産

借金の返済がままらない時に減額や帳消しにする方法があります。
状況に合わせた方法を利用する事で生活状態を改善の方向へ導いてくれます。

全く借金で首が回らない状況であれば自己破産をする必要があります。
自己破産は抱えていた借金生活から解放されますが、同時に信用情報機関に載ってしまうので新規で借金を申し込む事が不可能になります。
これはクレジットカードや車のローンなど色々なものが申し込めなくなるので、長い期間現金のみの生活になると考えた方が良いです。
この情報は借金を帳消しにした所のみの情報ではなく、色々な機関で共有されている為にほとんどの場所で利用はできなくなっています。
目安としては消費者金融やクレジットカードは7年で銀行などは10年ほどで信用情報機関から消えると言われています。

新規借り入れはできなくなりますが、借金は膨らむ一方でどうしようもない時には自己破産をして新たな人生として歩んでいった方が生活の改善をして良いと思います。

官報公告される債務整理

 借金返済を法律にのっとって行う方法を債務整理といいます。自己破産や任意整理などの方法があり、方法によって減額する事が出来る金額や発生するデメリットに違いがあります。現在の状況と将来に及ぼす影響を検討して上で適当な方法を選択する必要があります。

 自己破産と個人再生を行うと官報という国の広報誌に載ってしまいます。官報は購読料が必要であり、一般人が手にする機会はほとんどない読み物でしたが、ンターネット版が出来たために、以前とは少し事情が違っています。無料で閲覧ができるようになっており、名前を入れて検索すると情報を入手できるようになっています。

 インタネット版官報の有料会員になると昭和22年以降の情報を検索する事が出来るようになったので、自己破産や個人再生を行った事は、検索する事により知る事が可能です。

 任意整理の場合は、官報に載る事はありません。他人に知られずに借金を軽減したいのであれば、官報に記録されない債務整理を選択するのが適当だといえます。

過払い金請求は自己破産後でも可能です。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでお金を借りると利息が付きます。
借りたお金はこの利息をつけて返す必要があるのですが利息の上限は法律で決まっています。
これは利息制限法という法律で上限は10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%になっています。
長期間に渡って借金を返済し続けていると過払い対象になっている場合があります。
自己破産した後に過払い金に気づいたときは請求できるのか気になるところです。
結論から言いますと自己破産した後でも請求はできます。
せっかく借金がチャラになったのに藪をつついて蛇を出すようなことにならないかと思うかもしれません。
しかし過払い金は債務ではなく債権なので堂々と請求することが出来ます。
個人でも請求することは出来るのですが労力や交渉力を考えると弁護士に依頼をした方がいいでしょう。
ここで弁護士に依頼するとお金がかかるのではと心配する人もいると思います。
しかし弁護士の報酬は返還された過払い金の中から支払われるので心配はいりません。

債務整理はブラックリストに掲載されるのか

ブラックリストというものを聞いたことがある方も多いと思います。
ブラックリストとはお金を借りる時などに関わってくるものの事を言います。

例えば、ブラックリストに掲載されたままで、お金を借りようとすると拒否されます。
さらに、クレジットカードの作成もできなくなってしまいます。
ブラックリストに悪い情報が載ると様々な悪影響が出てきてしまいます。

そのリストに載ってしまうという事ですが、
最もわかりやすいのが債務整理になります。
債務整理を行うと確実に掲載されてしまいます。

例えば、任意整理であろうと自己破産であろうと、
債務整理をした事には変わりありません。
貸金業者にとっては要注意人物となりますので、
掲載されてしまいまして新しい借り入れができなくなるわけです。

債務整理はブラックリストに掲載されると覚えておきましょう。

しかし、掲載期間は永遠ではありません。
一定期間で解除されますので、心配されることはありません。
掲載期間は、5年から10年ほどです。
少し長いと思う程度で済みますので安心しましょう。

アコムの振り込みによる借入れ

消費者金融のアコムですが、振り込みによる借入れというものも存在しています。
一般的なATM以外の借入れ方法があるということは覚えておきましょう。

アコムによる振り込みによる借入れにつきましては、非常に簡単になります。
利用する方が多いというのもうなずけるわけです。

その振込キャッシングのメリットですが、まずは24時間対応という事です。
深夜でも依頼することができますので、仕事から帰ってきてからでも対処できます。
さらに土曜日や日曜日、そして祝日もしっかりと対応することが可能です。
365日間24時間対応に近いものがあると指摘させていただきます。

そして手数料は無料になります。
1円もかかりませんので、その点も大きなメリットになると思っていただいて問題はないでしょう。
振り込み手数料がかかるのではないかと不安になっている方も大丈夫です。

さらに、楽天銀行に口座があれば、約1分で振り込み完了です。
楽天に口座があり振り込みキャッシングを利用したい方は、ぜひアコムを活用してはいかがでしょうか。

消費者金融をしっかりと選択する

消費者金融は多くありますので、適当に選ぶのではなくしっかりと厳選するようにしてもらいたいです。消費者金融を選ぶのは難しいと思う方もいるかもしれませんが、コツさえ掴んでしまえばそんなに難しい事ではありません。ですので初めて消費者金融を利用する方は特に慎重に選択していただきたいです。注目すべきポイントとして、信頼する事ができる会社か判断する事です。悪質なサービスばかり行っていると悪い評判や評価をされる事がよくあります。逆に優良な消費者金融はしっかりと評価されている事が多く、信頼する事ができる会社です。多くの方が利用している消費者金融はそれだけ実績があるということなので、安心して利用する事ができるはずです。悪質な消費者金融を選択してしまうと、トラブルに巻き込まれてしまって多額の借金を背負う事になってしまう可能性もあります。消費者金融を利用する時は最初が一番大切ですので、信頼できる消費者金融を選択するようにして下さい。

消費者金融は学生でも利用することができます

消費者金融は学生でも利用することができます。
学生の場合には、利用するためには本人確認のために学生証が必要になります。
収入については、アルバイトでもOKです。
しかしながら、この場合には融資金額などの制限があります。
例えば、フリーローンで300万円の融資限度額の場合には、学生では30万円の融資限度額になるというような具合です。学生のアルバイトの場合は、やはりあまり収入が多くないでしょうし、そのため融資できる金額も低めになるということです。
また消費者金融によっては、アルバイト先の給料明細の提示を申込の時に要求されたり、親の仕事先がチェックされたりすることもあるそうです。
しかしながら、親の仕事先まで電話があるということはないので心配しなくていいようです。
学生でも、このように消費者金融を使うことが可能ですが、やはり学生ですので、返済シミュレーションなどを事前に十分に行って、計画的に慎重に使うように注意しましょう。

債務整理にはそんな方法があるのでしょう

よくテレビやインターネットをしていると、CMや広告でスーツをきた男性や女性が「債務整理なら○○法律事務所へ‥‥」などの謳い文句で債務整理という言葉を繰り返していますが、債務整理とは一体どんな事なのでしょうか。

債務整理は、借金やローンなど債務に関する状況を整理する事で、払いすぎてしまった利息分の金額が返ってきたり、月々の返済金額が減ったり、無くなったりなどそれぞれの方法で自身の債務状況が良い方向に変わる方法の事を指します。

まず自己破産、これは裁判所に申請し自身の債務を帳消しにしてもらう事です。借金が帳消しにはなりますがそれには様々な制限などが付きます。
次に任意整理、金融機関などに直接交渉し返済金額を再計算し無理の無い返済金額まで圧縮する事です。
次に個人再生です。民事再生法を使った方法で住宅ローンをのぞく借金の5分の1まで圧縮できそれを
計画的に返済していくという方法です。中々複雑な方法なので気になったらどんどん調べてみてください。
最後に過払いです。5年以上返済を行っている場合金融機関によるグレーゾーン金利での利子の支払が多くあります。それをしっかりと法律で決められた利率で計算し直し多く支払っていた場合はその金額が返ってくるというものです。

これらを使って今後の返済計画に役立てるの期待しています。

債務整理とはどういうものか

あらゆる消費者金融からお金を借り入れていて返済が難しくなってしまった時、
債務整理を行うことで返済の負担を軽くすることが可能です。

債務整理にはいくつか方法があり、一般的に特定調停、任意整理、個人再生、自己破産などがあります。

多重債務者などで、もはやどこからいくら借り入れているのかさえわからなくなってしまう状態になってしまう
事もあります。返済の気持ちがあり、日々返済の為に動いている場合でもやはり月々の金利手数料等だけでも金額が増えていってしまうことは
多々あります。

しかしながら債務整理を行うというのはやはり簡単に決断できるものではありません。
自己破産などは資産は全て没収されるので、その後の生活がどうなるんだろうなどの心配もあります。

ただ基本的に債務整理というのは返済に困った人たちを助ける制度ですので、
弁護士や専門家等にまずは相談し、どの債務整理法が自分に一番合っているのかなどを
相談してみるのが良いでしょう。

銀行口座保有で審査を有利にしよう

キャッシングを利用するのに、避けては通れないのが審査です。
その審査を少しでも簡単に通過する方法というのはないのでしょうか。
実はあります。
特に、銀行のカードローンでいえることなのですが、その銀行の口座を保有していることです。
銀行の口座を開設するときには、身分証明書などが必要となります。
つまり、口座開設の時点で身分確認はできているといっても過言ではありません。

さらに、その銀行口座をどのように利用しているのかも大きなポイント。
その銀行口座を、クレジットカードの引き落としや公共料金の支払い、あるいは給与の振込先として指定しておけば、さらに審査には有利となります。
引き落とし口座として使っておけば、その人の大まかな支出の傾向というのがわかります。
給与の振込先としておけば、その人の収入が分かるというものです。
審査のために調べる手間が省けるということで、非常に有利になります。