個人再生でどれくらい債務が減るの?

自己破産のようなデメリットは負いたくないけれども債務の額はほとんど返しきれないほど多い…。そんな人にオススメの債務整理の方法が個人再生です。債務が完全になくなることはありませんが、任意整理などと比べると、返済しなくてはならない額は極めて少なくなりますし、自己破産と違って、より多くの財産を所有することができます。
それでは、個人再生によって、債務はどれくらいまで圧縮できるのでしょうか。具体的には、債務総額の5分の1、もしくは100万円のうち、高い方が圧縮後の債務となります。例えば、300万の債務があった場合には5分の1の「60万円」と「100万円」を比較し、多い方である100万円が返済しなければならない金額となるのです。
また、この債務総額は前述した「所有することができる財産」の額にも関連してきます。端的に言えば、残りの債務総額がイコール所有することができる財産の総額になってくるため、あえて債務総額を増やすことで、より多くの財産を手元に残しておくことが可能になるのです。

過払い金返還請求の消滅時効が来る前に行動しよう

民法の規定によれば一般債権の消滅時効は10年とされています。消滅時効とはこの期間が過ぎればその債権が消滅すると言うことを意味しています。ですから、消滅時効が来る前に裁判所に訴えて時効を中断させる必要があります。
これは過払い金返還請求にも当然当てはまることです。過払い金返還請求も一般債権ですから、その消滅時効は10年です。問題はその消滅時効の起算点ですが、これは借金を返済した時から起算されます。この過払い金返還訴訟が話題になってあと数年で10年と言う月日が流れます。普通は借金を完済すればそれで利用者も消費者金融のことは思い出さないですから、自分に過払い金があると言うことに気付いていない人は多いです。
もちろん過払い金を支払う側である消費者金融には、かつての利用者に過払い金が存在すると言う通知をする必要も義務もありません。そのため消滅時効にかかる10年が過ぎるのを、事実上待っている状態です。これを避けるためには弁護士に相談するのが最も手っ取り早いです。

ギャンブルの借金は絶対にしない

人によってはギャンブルがしたい為に消費者金融からお金を融資してもらう方もいます。厳しい言い方になりますが、ギャンブルはお店が勝てるように設定されているのでギャンブルで勝てる確率がとても低いです。もしギャンブルで毎月利益を出す事ができるのでしたら、皆仕事をしないでギャンブルを行うはずです。ギャンブルでお金を稼ぐ事ができないだけではなく、多額の借金を背負ってしまう可能性も十分にありますので、ギャンブルがしたい為に消費者金融からお金を融資してもらうのは、極力避けてもらいたいです。多額の借金になってしまって、返済する事ができなくなった時は自分だけではなく消費者金融にも大きな迷惑をかけてしまいます。きちんとした目的がある借金だったら問題はありませんが、ギャンブルのような突発的な借金は多額の借金を背負う可能性がとても高いですので、気を付けていただきたいです。お金はギャンブルで手にするのではなく、地道にお仕事をしている方が手にする事ができることを再認識していただきたいです。

消費者金融を利用する際の注意点

消費者金融業者が提供するキャッシングサービスは、簡単な手続きで即日借り入れが可能なサービスです。
急に現金が必要になった時などは大変便利なサービスですが、簡単に借りられるからといって無計画にお金を借りてしまうと返済が苦しくなってしまうので注意が必要です。今回は、消費者金融で借り入れをする際の注意点について解説します。
消費者金融を利用してお金を借りる際は、自身の返済能力を考慮したうえで借り入れを申し込むことが重要です。月々にいくらまで返済に回せるのかをしっかりと把握せずに大金を借りてしまうと、返済時に生活が苦しくなってしまいます。
借り入れを申し込む前に必要としている金額と月々返済に回せる金額をしっかりと確認して、無理のない返済計画を立ててから借り入れを行ってください。
万一返済に遅れてしまうと、問題のある人物としてブラックリストに登録されてしまいます。
ブラックリストに登録されてしまうと、クレジットカードの利用やローンの申し込みができなくなってしまいます。無理な返済計画は遅延や延滞の原因になります。キャッシングで借り入れる金額は、無理なく返済できる範囲にとどめておきましょう。

自己破産の持っている効果とは

あまりに多くの借金があった場合には、返済は難しいでしょう。
債務整理をして、借金の減額をはかっても返しきれないような金額になってしまっていることもあります。
1,000万円や2,000万円など、
そう簡単に返済できないほどの借金を背負ってしまった場合には自己破産を考えるべきです。

自己破産には非常に大きな効果があります。
それは、借金自体をなくしてしまうというものです。
前記をした1,000万円や2,000万円の借金であっても、自己破産後はゼロになります。
返済の義務がなくなりますので、きれいさっぱりと借金はなくなるわけです。

ただし、自己破産はそれだけ大きな効果を持っていますので、返済能力がない方に限られます。
無職であり収入が少ないといったような条件がどうしても必要になるわけです。
さらに、非正規雇用でそもそも給与が少ないとい言う方にも適用されます。
病気で仕事ができないという方ンも適用されるケースが多いです。

自己破産は、最後の砦ともなる存在です。
しかし、借金の返済がどうしてもできない場合には、こちらの方法を選択しましょう。
自己破産をできる権利は誰しも有しているわけです。
借金の返済が無理だと思ったら選択してください。

消費者金融で一番早い手続き方法は?

なるだけ早くお金が欲しいんだけど、ネットと電話と自動契約機どれが一番早い?
という方に、どれが一番早いのかご紹介したいと思います。
それはずばり自動契約機です。
なぜかというと、電話の場合は書類のやり取りに時間がかかります。自宅にファックスがあればいいのですが、ない場合は外出して外からファックスをしたり、郵送したりしなくてはいけません。
またネットの場合、書類のやり取りには時間がかかりませんが、肝心のキャッシングに時間がかかるケースがあります。
日中の昼間であれば自分の口座にすぐ振り込んでもらうこともできますが夜間や休日の場合、振り込みが翌営業日となってしまいます。
またカードの発行も郵送だったり、自動契約機までとりに行ったりしなければなりません。
その点自動契約機であれば、確実に即日融資が可能ですしその場でカードも発行されます。
隣に現金支払機も付属していますので、すぐにお金を借りることが可能です。
時間にすると40分から1時間ですべての手続きが完了します。

銀行系の消費者金融は低金利のものもあります

一般的に、お金を消費者金融で借りた場合の金利は高いと言われています。
しかしながら、消費者金融でも、銀行系の大手の消費者金融と中小のところでは金利はやはり違っています。
銀行系といわれる消費者金融は、低金利で銀行カードローン並みのものもあります。
銀行カードローンの中には確かに4%台~14.5%といような低金利のところもあり、消費者金融と比べるとその違いは大きいです。
しかしながら、18%の上限金利の銀行カードローンもあり、消費者金融のほうが必ずしも高いとは言えません。
また、利用した最初の間は高い金利でも、延滞しないで利用していくと限度額をアップしてくれます。
そうすると、適用される金利もそれに応じて低くなる傾向になります。
最初から「消費者金融の金利は高いから」と避けているような人もいると思いますが、このように実は使い方によって変更することができるため、融資を検討する場合には消費者金融も選択肢の一つとして一度入れてみてはいかがでしょうか。

消費者金融の返済の方法はリボルビング払いがほとんどです

消費者金融で借金をして返済する場合の方法は、一括返済の他は、一般的にはリボルビング払いがほとんどです。
リボルビング払いというのは、前もって毎月の最低返済金額と利用限度額を決めておいて、その利用限度額内であれば、追加利用・返済が自由に出来るというものです。
リボルビング払いには、返済方法のわずかな違いがあるため、他の会社で一度借金した人が、違った会社で借金する場合には注意が必要です。
さらに、借金をリボルビング払いで続けていると、借入額が大きくなっても月々の返済額がほとんど変わらないため、借金を利用限度額までしてもまるで自分の貯金のような感じになり、借金に対する認識がなくなってきて借金の期間が長くなってしまうことが多くあります。
借金の期間が長くなってくると、金利の負担は非常に大きくなってしまいます。
このような場合には、消費者金融会社などの返済シミュレーション機能などを利用して、一度十分にチェックしてみましょう。

消費者金融は、貸金業者による無担保の融資のことを言います

消費者金融というのは、広い意味では銀行なども含まれますが、一般的には、貸金業者による無担保の融資のことを言います。
消費者金融の特徴は、受付、審査、契約の一連の手順が非常にスムーズで、しかも即時に審査も行われることです。
また、申込みについては、自動契約機や店舗だけでなく、郵送や電話、ネットなどと、いろいろな方法が準備されています。
自動契約機での申込みにおいては、特に受付する人が映像に映ってやり取りを行うという、本当に店頭かと思えるような審査や契約が行なわれます。
返済方法も申込方法と同じ様にいろいろです。
ATMや店頭での返済だけでなく、現金書留による返済、銀行振込による返済、などいろいろな返済方法があります。
また、リボルビング方式という契約も消費者金融にはあります。
これは、一定の限度額の範囲内では、何回でも借りることができる方式です。
返済については、最低の返済額を決めておきますが、お金に余裕があると多めに返すことも可能になっています。

医療費目的でキャッシングをする

消費者金融のキャッシング、その強みは不意の出費に強いということです。
不意の出費とは言っても、どうでもよい遊興費などは、さして緊急性の高いものではありません。
問題は、医療費です。
交通事故にあってしまったり、急病にかかってしまったという場合、どうしてもお金が必要になってしまいます。
手持ちの現金があれば、そこで支払うことも可能でしょう。
しかし、手持ちの現金が常にあるとも限りません。
銀行の口座にお金が入っていればいいのですが、給料日間近でお金がほとんどないという場合、お金の工面に困ってしまいますよね。

そんな時は、消費者金融のキャッシングです。
キャッシングであれば、残高は関係ありません。
借金をするわけですから。
また、最近のキャッシングは、コンビニエンスストアのATMからでもお金を借りることができます。
医療費という不意の出費に対して、キャッシングは無類の強さを発揮するのです。