任意整理のメリットとは

任意整理のメリットはさまざまなものがあります。そこで詳しくメリットについて説明しましょう。

まず裁判所が介入しない個人的な整理になりますので、たとえば住宅ローンは整理の対象にしないなどといったように債務者側の自由が、ある程度聞いてもらえるというメリットがあります。そして自己破産と違って、財産を手放したり、官報に記載されるといった制限はありません。

また任意整理の手続をおこないはじめるとすぐに、弁護士はローン会社にその旨を通達します。そうすると一旦返済をする必要がなくなります。ローン会社も督促はしないようになります。任意整理の手続が終わるまでは返済することはないので、その期間に金銭的体力を蓄えておけるのは大きなメリットです。

さらにローン会社との取引期間が長期間であれば、過払い金が発生していることも十分に考えられます。過払い金が発生していれば返済額が大きく減ることはもちろん、お金が返還されることも考えられます。

個人再生に関する事項

個人再生は、住宅ローンの返済は今まで通り返済していき、その他の借金額が、約五分の一に減額されます。よって、住宅を処分しないで、借金を返済していくことを個人再生といいます。しかし、住宅を維持する為には、3年間で借金を返済しなければなりません。個人再生の手続きは、以下のようになります。個人再生を申請する人にかわり弁護士が、裁判所に再生手続の意見書を提出します。約1ヶ月後、裁判所から、開始決定と今後の計画表が届きます。それと同時に、裁判所から各債権者へ債権者一覧表と再生債権届出書が送付されます。各債権は、債権者一覧表に記載してある金額が間違いがないか確認し、間違いがある場合は、間違いの金額を再生債権届出書に記載して裁判所に提出します。この再生債権届出書の提出は、開始決定後、一ヶ月以内に実施しなければなりません。その後、債務者が、債権者の提示したの金額が正しいか判断します。債務者が判断して記載した債権者認否一覧表を再生委員の弁護士に提出します。その後、裁判所が、再生計画案を認めて、認可決定通知を受けます。

任意整理に関しての注意点

任意整理は債務整理の一つの方法です。基本的には弁護士に依頼するのが一般的で、本人が任意整理の手続きを一人で行うと言うことはほとんどありません。というのも、この任意整理は債権者と交渉をして、債務の額を減らしてもらうような和解をすることだからです。当然債権者としては自分の債権額が減額すると言う重大な話し合いですから、法律の専門家ではない人が来られても門前払いをするのが普通の感覚です。
ですから普通は双方が弁護士を立てて、代理人同士で話し合いをすると言うことになります。この任意整理は当事者同士で話し合うだけですから、余計な裁判所が口をはさむこともありませんし、割とざっくばらんな話をすることができると言う点で使い勝手が良いです。よって債務整理の方法としては一番使われています。
もっともあくまで当事者同士の合意が必要ですから、話し合いが不調に終われば当然債務の額は圧縮することはできません。ともかくまずは弁護士に相談してみましょう。

借金返済が困難になってしまった時

借りたお金は返す事が世の道理、とはいえ、事情によっては借金の返済が困難になってしまう事は少なくありません。

借金をした当初の予定通りに収入を得て返済出来る生活が続くとは誰であっても言い切る事は出来ないからです。

突然職を失ってしまったり、収入が減ってしまう、自分や家族の病気や怪我等、借金返済が困難になる原因は計り知れない程あるのです。

借金返済が困難になってしまった、とてもじゃないが生活をしていくだけでも精一杯…そんな時に、絶望的になってしまう事は仕方ありませんが、だからといって人生を諦めたり悲観してしまう必要はありません。

借金返済が困難になってしまい、もう返済に回せるお金なんて全くない…そんな人の為に自己破産という制度があるのです。

自己破産をする事は決して恥じる事や道理に反する事ではなく、法律で許されたちゃんとした制度なのです。

未来が閉ざされてしまったと思わずに、自己破産で前に進む事を考えてみましょう。

自己破産は自分でする事も出来ますが、知識がない人は専門家に頼む事をオススメします。

費用面についても殆どの所で分割払い等の相談にのってもらう事が出来ます。

借金をする際に気をつけること

今どき、何かをするために借金をすることは普通のことになっていると思います。
例えば僕は、専門学校に入学し、一人暮らしをするために奨学金を借りていました。
他の友人では、学費ローンを組んでいる者もいました。
あとは、例えば家のローンとかもありますよね。
借金というと、どうしてもイメージ的に悪いイメージが付きまとってしまいますが、そんなことはありません。

ただし、もちろん無闇に借金をしてしまえば、自分の生活が脅かされることもありますし、社会的信用を失うこともあります。
きちんとした返済計画を作り、それにそって返済をすすめていかなければなりません。

僕の伯父にあたる方が、僕が小さいころ、離婚をしました。
当時は理由などは全く知りませんでしたが、僕が大人になってから事情を知ることがありました。
どうやら伯父は多額の借金を作ってしまい、それが原因での離婚だったそうです。
その際の借金は、僕の祖父など親戚でなんとか返したそうですが、それはもう大変だったようです。

これから借金をしなければならない方、どうかきちんとした計画をたてて、しっかりとした生活をおくれるようにしてくださいね。

債務整理の手続の方法について

人は消費者金融などからたくさんのお金を借りてしまうと返済をすることが困難になってしまいます。特に消費者金融でお金を借りる場合の利息も10%台なのでかなりの負担になってしまいます。
そして消費者金融などからたくさんお金を借りすぎてしまった人は自分一人の力で返済をしていくのは無理なので弁護士や司法書士などに債務整理の手続をしてもらい、借金を処理していくことになります。

そして債務整理の手続の方法ですが4つの方法に分けられ、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があります。
任意整理とは裁判所を通さないで借金のした人の代理人である弁護士や司法書士が借入先の消費者金融と直接交渉して手続を進める方法です。特定調停とは裁判所が間に入ってもらい、借金をした人と消費者金融で話し合って借金の返済額や返済方法を決める方法です。個人再生とは借金を大幅に圧縮して、圧縮された借金を裁判所に決められたとおりの額を期間内に支払うようにする方法です。自己破産とはどうやっても借金を支払えない場合に自分の生活に最低限必要な財産以外はすべて換価して債権者の配当にまわして借金を免除してもらう方法です。

そして自分の借金の額や収入などいろいろ考慮して最適な方法で債務整理の手続をしていくことになります。

消費者金融ローンを比較する場合に大切なこと

消費者金融ローンとは、個人向けの消費者金融会社が扱っている無担保の少額のローンです。
消費者金融ローンは、保証人無しで無担保という条件で利用できますが、詳細な融資の条件に関してはそれぞれの消費者金融会社で違っているため、融資を受ける場合には慎重にそれぞれの会社の条件を比較することが必要です。
消費者金融ローンを比較する場合には、まず大切なのは金利の違いです。
高い金利のローンは、利息がそれだけ多くなるので避けた方がいいです。
次に大切なことは、消費者金融会社の社会的評価や評判です。
社会的評価や評判を獲得しているような消費者金融会社の場合は、無理な返済要求や督促を行わないと思われるので利用しても安心できます。
逆に評判が良くない会社の場合は、無理な返済要求をしてきたり、無理な督促を行ったり、と問題が起きる可能性があります。
このようなトラブルが起きないためには、良い評判の消費者金融会社を選ぶようにしましょう。

借金の負担を減らせる債務整理

債務整理をするということは、勇気が必要かもしれません。
しかし、借金の問題は避けては通れないものですし、少しでも借金の苦悩や悩みや金銭的な負担などから解放されるためには、思い切って債務整理してみるとおすすめです。
債務整理と言いますとなんとなく重苦しかったり、ネガティブなイメージがあるかもしれません。
職を抱える人にとっては会社に気付かれて辞めさされるのではといった悩み、また手間や金銭的な負担などの心配もあるかもしれません。
しかし、債務整理をしたからと言って会社に気付かれることはありません。
また、債務整理には自己破産以外の方法もありますし、今までにキャッシング会社でたくさんお金を借りてきた場合には過払い金請求をおこなうこともできます。
自己破産以外の任意整理や個人再生といった方法では、自分の持っている家などを手放さなくても良いので結果的に得をすることも多いものです。
最適な方法は借金の状況によって変わってくるので、司法書士などに相談するとおすすめです。

債務整理としての自己破産

自己破産というのは債務整理の方法のうちの一つということです。
債務整理を言うのは債務を整理するということ、すなわち借金をどうにかする方法のことです。
その債務整理の方法のうちでも自己破産というのは最終手段といってもいいくらいの方法で、自己破産をするということは債務者が持っている債務をすべて整理することを指します。債務者は一度無理な借金をしてしまうとどんどん借金が増えていってしまうという多重債務者になってしまうということも多くあります。多重債務であってもまだ傷が深くないうちに債務整理に取り掛かれば自己破産という最悪の状態にならないかもしれないのですが、その時期を逃してしまい、自己破産になってしまうということもよくあることです。
自己破産は借金を返済する方法がすでにないということを裁判所に認められれば借金を返済することを免責されます。しかし、その際に債務者が持っているような資産はほとんど場合は没収されるということになってしまうのです。

キャッシングの在籍確認の素朴な疑問

キャッシングの審査のひとつに、在籍確認というのがあります。
申込書に記入した勤務先が本当かどうか、実際に電話をして確かめるというものです。
この在籍確認ですが、消費者金融の会社名を名乗って電話をすることはありませんので、安心してください。
だからといって、完全に嘘をついて電話をするというわけでもありません。
個人名を名乗って電話をしてくる場合が多いです。
会社に個人名で電話がかかってくることはあまりないと思いますので、勘のいい人は気づくでしょう。

そして在籍確認ですが、ベストなのは本人が電話に出るということです。
とは言っても、会議中だったり休憩中だったり、あるいは欠勤していたという場合には、電話にでることができません。
このような状態では在籍確認が出来ない、というわけではありません。
応対した人が「ただいま席をはずしています」とか「お休みしています」といってくれれば、それで審査は終了するのです。