レイクには無利息サービスが二つあります。

新生銀行カードローンのレイクは手元にお金がなくて困っているときに頼りになります。
簡単な申し込み手続きと審査に通過すればお金を借りることが出来ます。
借りたお金は利息をつけて返す必要があるのですがレイクには利息を減らすことが出来るお得なサービスがあります。
それが30日間無利息と5万円までなら180日間無利息キャンペーンです。
無利息サービスを提供している消費者金融は他にもありますが2種類のサービスがあるのはレイクだけです。
併用は出来なくて初回利用のみとなっていますがうまく使えばお得にキャッシングすることが出来ます。
5万円までなら180日間無利息は無利息になる額に制限があります。
しかし少額のお金を長期にわたって借りる時は30日間無利息よりも利息分がお得になる場合があります。
レイクのホームページにはどちらの無利息サービスが得になるのかを比較できる、どっちがおトク?シミュレーションがあります。
どっちがおトク?シミュレーションで借入金額と返済回数を選択すれば一瞬でどちらが得なのかを知ることが出来ます。

過払い金が発生するしくみ

任意整理で借金が減額される理由も、過払い金返還請求で過払い金が取り戻せる理由も、実は似たようなものです。

そもそもの原因は、貸金業者が法律を無視して、高い金利を設定していたことにあります。
以前は利息制限法の上限金利は20%まで、出資法の上限金利は28.2%までとなっていてずれがありました。
しかし、出資法には罰則があって、利息制限法には罰則が無かったために、貸金業者は利息制限法の上限金利を超えて、出資法の上限金利を超えない範囲で金利を設定していました。
その金利を俗にグレーゾーン金利と呼んでいました。

ただ、グレーゾーン金利は違法であると最高裁で判決がくだされ、そして、出資法も改正されましたから、今ではグレーゾーン金利は完全に撤廃されています。

グレーゾーン金利で支払ってしまった利息は本来は貸金業者が得てはいけない利益なわけですから要求すれば取り戻せます。

払いすぎた利息を借金残高に充当する場合は任意整理、払いすぎた利息が借金残高に充当してなお余る場合は過払い請求をすることになります。

過払い金のことについて

過払い金というのはお金を返す時にある一定基準よりの金額を払っている場合、払いすぎた利息が戻ってくることをいいます。
借金額によって異なりますが、それぞれ利息の上限値が決まっています。
借金額が10万円未満の場合ですと、利息は20パーセントまでとなっており、10万円以上から100万円未満の場合ですと18パーセントとなります。
100万円以上ですと15パーセントまでが利息となります。これらの利息のパーセントよりも払っていますと過払い金となってしまいます。
過払い金は裁判を行う必要がありません。司法書士や弁護士に依頼しますと、直接借りている金融界者との交渉を行います。
そのため、かかる費用は少なくて済みます。
過払い金をすることによってブラックリストに載ることがありませんですので、クレジットカードの使用を行うことができます。
注意点としましては過払い金を行いますと借りていた金融会社からお金を借りることができなくなってしまいます。

自己破産は安易に選ばないよう注意しよう

多重債務に陥ってしまって
自力ではとても返済できない状態になってしまった。
そんなときに自己破産を選ぶと借金を免除してもらえます。
でも借金のない元の生活に戻れるというとそうでもないのです。
自己破産は安易に選ばないよう注意しましょう。
その理由はまずは財産を失ってしまうことになります。
マイホームや土地などの不動産はもちろん、
99万円を超える現金、20万円を超える預貯金、
20万円を超える価値のある株券や有価証券、マイカーなどたくさんの資産が対象になります。
マイホームを失ってしまうと同居している家族にも迷惑がかかります。
ブラックリストにも載ってしまうために、
住宅ローンが組めなくなったり、クレジットカードを作成できなくなります。
あなたが自己破産となると連帯保証人に債権者は取立てに向かいます。
せっかくあなたを信用して連帯保証人になってくれた人を裏切ることになってしまいます。
どうしても自己破産以外に道がない場合は連帯保証人に理解を得られるよう、
しっかり事前に説明をいたしましょう。

任意整理と過払い金請求の組み合わせ

任意整理は、利息の支払いをカットさせるだけの効果ですので、
効果が限定的ということであまり利用したくないと考える方もいます。
しかし、その効果を高めることができる方法もあります。
その方法ですが、過払い金の返還請求も同時に行ってしまうという事です。
実際に、任意整理と過払い金の返還請求は同時に行うことが可能です。

もしも、過払い金というものがある場合には、任意整理と組み合わせると良いでしょう。

任意整理の問題点は、借金元金を減らすことができないという事です。
元金が多い場合には、いくら利息を減らしても効果は薄いです。

一方で、過払い金の返還請求を行えば、過払い金の額を借金元金からマイナスさせることもあります。
仮に借金が200万円あり過払い金が100万円であれば、
借金の100万円と相殺して残りの借金元金は100万円になるわけです。

過払い金はそのような湯高活用もできますので、任意整理とうまく組み合わせてみましょう。
借金問題が一気に解決できる例も多いです。

債務整理にはいろいろな方法がある

多額な借金を抱えてしまって
とても返済を続けられない。
そんなときは法律の力を借りて解決することが可能です。
弁護士や司法書士は借金問題の専門家でもあります。
債務整理という借金を整理する方法の手続きをあなたに代わってお手伝いしています。
債務整理と言ってもいろいろな方法があり、
将来利息がカットされて原則3年で返済を目指す任意整理、
借金が全額免除される自己破産、
マイホームを残したまま借金総額が大幅に減額される個人再生、
返済方法などを債権者と話し合いし、
利息制限法で引き直しをした後に原則3年で返済を目指す特定調停など、
それぞれ特徴がありそれぞれメリットやデメリットがあります。
自己破産を選ぶとマイホームなどほとんどの資産を失ってしまいます。
連帯保証人や家族にも迷惑をかけてしまいます。
弁護士や司法書士の専門家があなたに一番合った方法で解決を目指してくれるので安心です。
弁護士や司法書士への報酬お支払が心配な方は法テラスで費用を立て替えてくれます。
まずは専門家に何でも相談してみてください。

債務整理、司法書士と弁護士

債務処理を第三者に相談する際、司法書士と弁護士どちらに相談しますか。もし迷っているようでしたら両者の違いを簡単ですがご説明したいと思います。少しでも債務整理の参考になれば良いと願います。

司法書士の場合
司法書士に債務整理を依頼できる金額は140万円以下の場合に依頼をする事ができます。この140万円は借金の金額の総金額であり、これを超えた場合は弁護士に依頼を行った方が楽なばあいが多いです。ですが司法書士に頼んだ場合交渉権や簡易裁判所の訴訟代理も行ってくれるので少額の債務整理だから自分でやろうと思うよりは知識の有る人物、司法書士に依頼した方がうまくいくかもしれません。

次に弁護士の場合ですが、司法書士とは違い金額による交渉権の制限などは受けておらず、140万円以上の借金でも交渉権や訴訟代理権などを有しており、さらに、訴訟になった際も弁護士としてのテクニックで交渉を有利に進めてくれる信頼感があります。

少額の借金だった場合は司法書士、それよりも多額ならば弁護士。自分の状況によって使い分けてください。

借金する場合には金利が発生します

借金する場合には金利が発生します。
金利というのは、お金を借りたり貸したりする場合の値段です。
お金を借りる時期やお金を借りる金額などによって、金利がどれくらいかかるのか違ってきます。
金利は高いほど、借金をする人にとっては負担が大きくなります。
逆に、低い金利であれば、それだけ借金する人にとっては軽い負担になるので、借金がしやすくなります。
そのため、金融業者を選ぶ場合には、金利を比べてみることが重要になります。
借金する場合には、どのような金融業者の場合でも、審査を受けることが必要です。
この審査というのは、金融業者によって基準がいろいろです。
そして、金融業者によって金利もいろいろで、中には、低い金利のところもあります。
しかしながら、低い金利の金融業者は厳しい審査の傾向があるため、人によっては年収や仕事などの基準から審査に受かるのが困難なこともあります。
金融業者によってさまざまな違いがあるため、情報をよく比較してみて、自分に適したものを選びましょう。

債務整理という選択ついて

月々の借金の返済が多く日々の生活にも影響を及ぼしている状況の時に債務整理という選択肢について考えてみませんか。もしかしたら債務整理を行う事によって月々の返済額がグッと減ったり、返済する必要が無くなる場合もあるかもしれません。それはただ毎日返済する事を考えるよりきっと有意義な事だと思います。

債務整理とは?
債務整理とは司法書士や弁護士事務所に依頼して自身の債務状況を調べてもらいその金融機関に対する返済状況が適切かどうかを知り、適切で無ければ適切な状態にすることを指します。個人でそれらの整理を行う事も可能ですが、手続きなどが複雑な場合が多いのでやはり専門家の手を借りた方が良いです。

債務整理には4つの方法がありますがどれにもメリット・デメリットはあります。自分の債務状況とよく見比べて一番自分に合った方法を選んでください。

弁護士に頼むという事は敷居が高いと思うかもしれませんが今は法テラスやインターネットなどの相談もありますのであまり気構えなくても大丈夫かと思います。

私のキャッシングの利用の仕方

キャッシングを利用する時はまとまったお金が必要な時がほとんどなので、私は頻繁にキャッシングでお金を借りたりしている訳ではありませんがキャッシングを利用して上手くお金を用意することができています。

借りたい時に利用することができるのが何よりも便利に感じています。旅行に行きたい時やちょっと高価な物を購入したい時にキャッシングを利用するとすぐにお金を借りることができるのでとても便利に利用することができています。

借りたお金を何にでも使うことができるキャッシングだからこそ便利に使うことができていますし、限度額も十分に高額なので必要なだけお金を借りることができているのでとても助かっています。

何かお金が必要な時にキャッシングを利用することができるのでお金を用意できなくて困ったことはありません。キャッシングのおかげで楽しく生活をすることができていると感じていますし十分に満足をしています。