適切な債務整理を選択する方法

 借金の返済が不可能となった場合は、債務整理を行う事によって借金を減額したり期間を長く変化させる事が出来ます。自己破産の場合には、免責決定がされた場合には、借金返済から完全に解放される事になります。

 しかし自己破産は、すべての人が行える方法ではありません。自己破産を行うと資格制限がなされる事になり、免責決定が下されるまでその業務を行う事が出来なくなってしまいます。公的な資格や警備や保険など多様な業種に制限がかかってしまいます。借金を帳消しにする代わりに職を失ってしまうのは、非常にリスクが高い行為となってしまいます。

 さらに自己破産は、反社会的な理由での借金の場合は、免責不許可となる可能性があります。反社会的な理由とは、ギャンブルなども含まれています。虚偽の申請での自己破産も免責不許可になる可能性があるので、借金をした理由も問題となってしまいます。

 どのような理由での借金なのかや、現在の職業が何であるのかによって選択すべき債務整理は異なります。軽減する金額が大きいほど信用情報機関に記録される期間も長くなります。返済能力がある場合には、返済を軽減するような内容の債務整理を選択する事によって、デメリットを小さくするのが適当であると考えられています。

個人再生と住宅ローンについて

個人再生手続きという法的な借金整理の方法がありますが、この制度を使うには条件があります。将来も継続した収入があることと、借金の総額が5000万円以下であることです。これに住宅ローンは含まれません。

個人再生は、自己破産の時のように、車やマイホームなどの財産をすべて手放すかわりに借金が帳消しになるというものではありません。全てを手放すことはせずに、借金を減額して生活の再生を図る制度です。

そして個人再生についている「住宅資金貸付債権に関する特則」を使うことができます。これを利用すると、住宅ローンの返済が滞っても、債権者側が一括返済を迫ることがなく、競売にかけられてしまうこともありません。それどころか住宅ローン返済計画を立て直すことができるようになります。

住宅ローン以外の債務についても個人再生手続きの中で、再生計画が裁判所に認められれば減額することができます。扶養家族が多い場合は減額される割合が増えることもあります。

プロミスでお世話になりました

最近私の周りでは結婚ラッシュで毎月立て続けに招待状が届きます。やはりアラサーともなると、結婚が急に増えるんですね。
私の番は当分きそうにありませんが、招待してくれたのに行かないわけには行かず、毎回きちんと出席しています。ところが来月は3件も招待されてしまい、どの友人も大切な人なのですべて出席しようと返信を送りました。
3人ともに同じ額お祝いしなくちゃおかしいし、かといってちょっと金欠なのでどうしようかと考えました。彼氏に借りるのも気まずいし、どこかで借りようと色々とネットで調べてみました。
意外とプロミスの利率が安いということを初めて知り、ここで借りようと決めました。全部で15万円借りることにしたんですが、月々1万円ずつ返せば無理はないかな、と思いました。
無事結婚式にもすべて出席できましたし、プロミスへの返済も順調に進んでいます。これからもまたお世話になることと思います。自分の返せる範囲で利用するならいいと思いますね。

借金をするなら消費者金融が便利

借金をおこなうにあたっては、銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング、消費者金融などいろいろな方法があります。
その中でも、消費者金融は収入が低い人でも申し込みやすく審査に受かりやすいですし、インターネットから申し込めたりとサービスが非常に充実していることが特徴です。
私も利用したことがありますが、一時間ほどで手続きを終えることが出来たのでありがたかったです。
消費者金融は即日融資がおこなえるサービスが非常に多いことも特徴なので、急ぎのキャッシングをしたい場合にも安心です。
急な飲み会や接待、出張先でのお金のピンチなど、突然お金がかかってしまう事態が発生したときにはいつも消費者金融でキャッシングするようにしています。
消費者金融は、大手のものを選ぶとサービスが充実しているように思えます。
有名な消費者金融は信頼性も高いですし、インターネットで融資できたり借入状況を見れたりと、サービスが良いので便利に使えます。

過払い金には時効はあるのか

過払い金を考えてみますと、いつまで請求できるのかという問題があります。
いわゆる請求権の消滅がいつになるのかは知っておくべきものになります。

過払い金にそもそも時効があるのかを調べることは重要です。
過払い金に時効というものですが、実際に存在しているという事を知ることからはじめましょう。

過払い金の時効は、10年間となります。
しかし、単なる10年間ではありません。
少し複雑な考え方をしますので、しっかりとした理解をすることが重要になります。

過払い金の時効が10年という事ですが、取引開始から10年間と思っている方もいます。
しかし、そうではありません。
取引返しから10年間ではなく、取引終了から10年間です。
いまでも返済が続いているような借金の過払い金については、まだまだ請求権が残っているということになります。
過払い金を取り戻せる可能性は実際にかなり高いので、しっかりと自分の過去の借金もチェックしましょう。
まだまだ請求できるケースも多いです。

気晴らしの為の借金も計画的に

日々の暮らしにメリハリを付ければ、やる気が沸き刺激的な楽しい生活を送ることができます。
もちろんただ同じ行動を何度も変わりなく行っていては、生産力が落ちるのは想像すれば、察しが付くかと思います。
ですが、仕事が一段落した後に旅行したいと思っても財布の中身が寂しくてなかなか思い切った事ができないケースがあるのではないでしょうか。
日々の生活は攻め続けなければなりません。
なぜなら、日常的に認識はしづらいかも知れませんが私たち人間と言うものは、常に生き残りを掛けたサバイバルの上に成り立っているからです。
いわば、お金がなくて旅行や気晴らしを我慢するという事態に陥れば、より生産性の低下は免れなくなり、生涯の収入割合が小さくなることは避けられません。
時間があるのにお金がないという時は、消費者金融を利用することがより豊かな生活への投資となるのです。

しかし、あまりにも無計画にお金を借りた原因で、返済が困難になってしまい、債務整理が必要な状態になってしまっては本末転倒です。
それでも想定外の出来事で返済ができないと言う場合には、この債務整理を利用するしか他の良い手段はありません。
間違っても友人からお金を借りたりしたら、余計ややこしくなるので止めた方が懸命です。正しい方法で正しく返済をしましょう。

任意整理や個人再生と財産について

自己破産については、財産の没収もあり得るわけです。
財産が没収されてしまうのは、実際にかなり厳しいことでもあります。
自己破産はそれだけ重いものです。

ちなみに、債務整理の一つが自己破産です。
他の債務整理については財産はどれだけ関連しているのか、という事も知っておくべきです。
例えば、任意整理や個人再生の場合です。

まず任意整理ですが、特に注目すべきなのが借金元金には関わりがないという事です。
利息の支払いが必要なくなるだけです。
そういった意味合いからも財産については何か制限を受けるという事もありません。
財産を現金化して、債権者に支払いを行う事もありません。

一方で、多くの方が頭を悩ませるのが個人再生です。
個人再生は、借金元金も大幅に減らします。
借金が半分以下になることが圧倒的多数です。
中には10分の1にまで減ることもあります。

それだけ効果があるとしたら、財産については処分されてしまうのではないか、と思っても仕方ないでしょう。
しかし、個人再生でも財産にタッチされることはありません。

債務整理で財産の処分の可能性があるのは破産だけです。
そのことは債務整理をする時に確認しておきましょう。

債務整理の交渉について

債務整理を自分で行う場合には、交渉というものが必要になります。
貸金業者との交渉になります。
こちらの希望などを相手側に伝えなければいけません。
しかし、自分の利害と相手の利害は一致していませんので、
自分で交渉するということは困難です。
しかも、債務整理については、法律系の知識もかなり必要になります。
事前にいくつかの情報を確認しておくこともどうしても必要になるわけです。

そこで注目すべきなのが、債務整理の交渉のための法律知識です。
自分ですべて勉強するのも難しいでしょう。
利息制限法などを調べることも必要になります。

しかし、それほど深く考えなくても良いです。
インターネットでだいたいの法律の内容を確認できます。
要約されたものを確認するだけでも大きな結果が得られる場合もあります。
すべてを暗記しておく必要もありません。
基本的に大事になるものは限られていますので、
そのあたりを抜粋してしっかりと内容を覚えておくことがおすすめになります。

私がキャッシングをする理由

私は昔からショッピングが好きで、インターネットでもネットショッピングを常日頃より楽しんでいます。
こういったインターネットなどでのショッピングの際には、利用した料金を支払う方法として、主にクレジットカードなどのショッピングローンやキャッシングローンを利用した決済方法が便利だというのが、私がキャッシングローンを申し込んで利用し始めた最大の理由のひとつです。
実際にインターネットでの決済方法として、こういった消費者金融や銀行などのキャッシングサービスというものはとても優れているので、インターネットでサービスを利用したりショッピングを楽しむ場合には、キャッシングサービスを契約しておくとその便利度がだいぶ違っていきます。
ネットサービスやネット通販の中には、クレジットカードでの決済方法しか選択できないというものも少なくないために、やはりそういったサービスやショッピングを効率よく利用するためにも有効です。

大学に入り直したために多額のお金が必要になりキャッシング

私は頑張って勉強をして、医学部に入るのが目標だったのですが努力不足と怠慢のために医学部の入学試験に落ちてしまい、仕方なく地方の薬学部に通っていました。
薬学部は医学部に落ちた人間が通うものであり、暗澹たる気分で薬学部生活を送っていました。
しかし、薬学部のレベルがあまりにも低いと感じた自分は、もっと上を目指すべきだと思い、医学部を再受験しました。
その結果、憧れだった医学部にめでたく入学できることになったのですが、私立の医学部ですので多額のお金が必要となってきます。
そこで利用をしたのがキャッシングでした。
キャッシング会社を利用するのはこれが生まれて初めてだったのですが、意外にも簡単に借り入れができたし、利息も少なく済んだので拍子抜けでした。
審査もとても早かったです。
こうしてキャッシングで借りたお金で、医学部生活を頑張れます。