債務整理を行う方法をよく理解しましょう

債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生など、種類がいくつかあります。
借金で困っているような人のなかには、借金をすべてなくしたいと考えているような人、借金の金額は少なくしたいけど可能であれば完済したいような人、自分の家は手放したくないような人など、一人ひとりの考え方や事情が違っています。
その人の考え方や状況に応じて、それぞれ応じた債務整理を行う方法があるため、それぞれの方法の違いを十分に理解して、自分にとってどの方法が一番いい解決の方法なのかということをよく検討することが必要です。
また、今までの借金返済を見直しているなかにおいて「お金を支払いすぎている」というようなこともよくあります。
そのような場合には、今まで払ってきた高い金利から正しい金利の場合の金額の差額を返還してもらうことができます。
払いすぎたお金は過払い金といって、債務者にとっては大変大きなメリットがあるので、よく知っておきましょう。

債務整理の際に法律事務所を介するメリットとは?

返しきれないほどの借金を抱えてしまい、やむなく債務整理に踏み出すとき、やはり大抵の人は法律の専門家である弁護士や司法書士を頼るのではないかと思います。借金の返済に追われる中で、関連する法律を調べて戦いに挑むのは厳しいもの。その点、彼らのような専門家に間に立ってもらうことで、スムースに債務の整理を行うことができます。
特に、重要なメリットとして、法律事務所などが債務者の依頼を受託して、各債権者にそのことを通知した時点で全ての取り立てが一時的にストップするという点が挙げられます。この通知は「債務整理の受任通知」と言い、債権者は債務者と直接的なコンタクトを取ることができなくなるという法律的な力を持っているのです。
一時的にせよ、厳しい取り立てから開放されることで、心に余裕が生まれ、その後の生活再建にも大きな影響を与えます。債務整理は自分一人で悩まずに、まずは専門家に相談することが大切であると言えるでしょう。

過払い金請求の相談は無料です

借金の利息の上限は法律で決まっています。
それが利息制限法です。
10万円未満なら20%、10万円以上100円未満なら18%、100万円以上は15%と決まっています。
この上限を超えて利息を取ることは違法とされています。
今は見かけませんが少し前まではグレーゾーン金利を利用して利息をとっていた消費者金融が多くありました。
長期間に渡って返済を続けている人や今は完済して借金がない人でも5年以上前に借金をしていたなら過払い金請求が出来る場合があります。
過払い金請求には知識や経験交渉力が必要とされます。
個人でもやろうと思えば出来ますが手間や書類作成の時間を考えると弁護士に依頼した方が無難でしょう。
弁護士に依頼するときに気になるのが費用です。
過払い金請求は成功報酬の中から支払われるので費用で負担がかかることはめったにありません。
それでも心配なときは無料相談を利用すると良いでしょう。
相談するだけならただなので損をすることもありません。
話を聞いてから過払い金請求を決めても遅くはありません。

借金問題で困ったら債務整理を

借金問題で困ったら
弁護士や司法書士事務所にご連絡して
債務整理の相談をしてみてください。
弁護士や司法書士は借金問題解決の専門家で、
債務整理である任意整理、自己破産、特定調停、個人再生、
いろいろな方法からあなたの債務の状況に最適なものを選んで手続きを進めてくれます。
ご自身ではなかなか難しいでしょうから専門家にお任せがおすすめです。
自己破産は借金がすべてなくなりますので、
借金のない生活に戻れるというのは精神的にぐっと楽になることでしょう。
でも必要最小限の資産しか手元に残りません。
マイホームやマイカーなどほとんどの財産を失ってしまいますし、
家族にも負担を掛け、連帯保証人に請求が行ってしまい迷惑をかけることにもなります。
できるだけ自己破産を選ばずに、
任意整理や特定調停、個人再生などで借金の返済を目指していく方がおすすめです。
個人再生の場合は借金が大幅に減額されたうえに、
マイホームに住み続けながら原則3年で返済を続けていけるのです。
いろいろな選択肢の中から専門家と相談しながら決めていくと良いでしょう。

借金が嫌いという方には見て下さい

借金という言葉は私たち国民の考えに深いマイナスのイメージを持たれているかと思われます。
テレビドラマでは、高金利の借金をしてしまったが故に返済が出来なくなり借金取りに追われてしまうという悲しい物語を流し、私たちには借金をすること=悪いことという事を潜在的に植えつけられたのです。
ですので、借金をしている人を指さして嘲り笑ったりする人が出てくるのは、自然だと認識するのは当然なのです。
ですが、借金と同じ原理で私たちは日常生活をしていることを読者たちはご存知でしょうか。

例えば、クレジットカードや公共エネルギー利用は私たちが身近に利用している借金と言った所です。
費用は全て後払いだからです。
私たちがそれらのクレジットや水道・電気代等を支払うのは、それらのサービスを利用した後の事です。
前払いではない限り私たちには、常に借金という行為が為されているのは確かなのです。
ですので、借金=悪いことと言うのは間違いだと私は思います。
つまり正しくは、借金≒投資と考えたほうが良いのです。

過払い請求のメリットとデメリット

 貸金業者に対して、利息制限法の上限金利を超えた利率で利用して利息を支払っていた金額は、払い過ぎていた金額という事で過払い金と呼ばれています。この金額については、利用していた貸金業者に対して、返還の申し入れを行う事が正当な権利として認められています。払い過ぎていた金額を取り戻す請求を行う事を、過払い請求と呼んでいます。

 過払い金が発生するのは、利息制限法の他に出資法という法律がある事が原因です。出資法の上限金利での貸し付けを行っても刑事罰に該当しなかったことも理由となっています。現在は、出資法の改正が行われたので、貸金業者を利用しても過払い金は発生しません。利息制限法の上限金利を超えていた時代に利用していた人に限定して起きている問題です。

 過払い請求を行っても貸金業者が加盟している信用情報機関に記録される事はありません。しかし業者内部には記録されるので、過払い請求を行った業者からは、新規借り入れを今後行えなくなる可能性があります。メリットとデメリットをよく把握してから行動する必要があります。

キャッシングは借金と同じ意味

最近ではカードローンやクレジットカードなどでどなたでも気軽にキャッシングをする事ができますよね。なのでキャッシングという言葉自体かなり世間に浸透している事かと思います。キャッシングと言えばなんとなくかっこが良いですし、爽やかな感じがしますが意味としては「借金」と同じ意味なのです。当然の事なのですが、キャッシングという響きに惑わされてお金を借りているという意識が低くなってしまう危険性が意外にも高いのです。
なのでキャッシングは気軽にできてしまいますが、その行為は返さなくてはいけないお金を借りる借金なのだという事も決して忘れないようにしてください。そうすれば失敗せずにとても快適にキャッシングを行う事ができるでしょう。キャッシングは確かに便利でメリットもありますから、このように上手に利用する事ができれば生活に潤いがでる事は間違いないでしょう。
キャッシングをしている方、しようと思っている方は是非参考にしてみてください。

消費者金融からお金を借りる場合の審査

消費者金融からお金を借りる場合には、審査を必ず受けることが必要です。
この審査は、まず申込み用紙に記載します。
この際注意することとしては、ミスがないように記載するということです。
消費者金融の会社の側でも、当然のことですが、お金を貸すということなので慎重に審査を行って、申込み用紙に間違いや虚偽がないかを十分に調べ上げます。
記載されてある情報が本当かどうかということを、信用情報機関に確認して十分に調べるのです。
このような信用情報機関には、今までの個人の支払いの情報や借入金が、すべての会社の個人データとして詳細に記録されています。
そのため、ブラックになっている人が、申込み用紙でいかに誤魔化して記載しても、直ぐに分かってしまうためまったく意味がありません。
一方、真実をしっかり記載し、未払いの借入金もなく収入もまったく問題ないはずなのに審査に通らないという場合は、この個人データを一度チェックしてみるべきでしょう。

消費者金融は、大手であれば利用しても安心なのでしょうか?

消費者金融は、大手であれば間違いなく利用しても安心なのでしょうか?
安心できる大手の消費者金融は、まず大手の銀行のグループに入っているということですね。
母体の銀行も大手であるため、紳士的な対応で、金利の見直しについての相談や毎月の返済についての相談も積極的にのってくれます。
また、全国の銀行やコンビニのATMを利用することができ、簡単にネットで手続きを行うことができるなど非常に便利です。
しかしながら、全ての大手が安心ということではありません。
銀行のグループに入っていない大手のところもあり、常にトラブルを起こしている大手も中にはあります。
実際、このようなところは経営も悪くなっているようで、お店の数も少なくなってきているそうなので、事前にしっかりと評判を確認しておけば問題ないでしょう。
中小の消費者金融でももちろん、優良なところも多くあります。
しかしながら、借金が初めての人は、まずは評判の良い大手の消費者金融を選べば問題無いのではないでしょうか。

海外旅行でキャッシングを利用する

キャッシングというと、消費者金融のキャッシングをまず思い浮かべることでしょう。
しかし、実はクレジットカードでもキャッシングが出来るのです。
そして、クレジットカードによるキャッシングがもっともその威力を発揮するのが、海外旅行です。
かくいうわたしも、海外旅行でクレジットカードによるキャッシングを利用したものです。

海外旅行においては、いつ不意の出費があるか分かりません。
そんなときに備えて、ある程度多くの現地通貨を持っておくことも、対策のひとつといえるでしょう。
しかし、あまり多額の現金を持ち歩くと、盗難や紛失の際のダメージが大きくなります。
だからといって、盗難や紛失を恐れてびくびくしていては、せっかくの海外旅行も楽しくなくなってしまいます。
そこで、現地にあるATMからいつでもどこからでも、簡単現地通貨を引き出せるキャッシングは、非常に便利なものということができます。