過払い金返還請求について

実はここ3年ほどで消費者金融を利用し始めた人にとっては、過払い金返還の問題と言うのは生じません。なぜなら既に消費者金融はグレーゾーン金利を撤廃し、法律に違反しない金利でお金を貸し出しているからです。過払い金返還の可能性があるのは、10年ほど前からお金を借りていた人達です。この場合お金を借りていた期間が長ければ長いほど、過払い金の額は膨らみます。おい人では数百万円もの大金が返ってくる可能性もあるので、心当たりのある人は弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。
過払い金返還を代理するのは弁護士や認定司法書士ですが、つい3年ほど前はいわゆる過払いバブルとも呼べるべき状態で、過払い返還請求専門の弁護士や認定司法書士が急増しました。しかし現在はその状況はだいぶ落ち着いてきています。というのも、グレーゾーン金利は撤廃されており過払い金返還請求の対象者は年々減っているからです。ですが気になる人はまずは専門家に相談してみましょう。

借り入れにおける過払いについて

最近、よくTVCMや雑誌の広告などでよく見かけるようになった過払いという言葉がありますが、過払いといゆうのは、お金を借り入れる時に契約をして返済をする際に、利息制限法で定められている利率を超える高い利息での借り入れをおこなった債務者が、もともとは借入金の返済は終わっているのに余分に返済を続けたため、払い過ぎた金銭の事をいうそうです。また、消費者金融の業者による貸付においては、制限利息を超えてしまう利息が設定されていることが多いそうです。これについては、出資法での5条2項に記されている利息が年29.9%を超えない限り、刑事罰には問われる事がないそうだからです。
このように、利息制限法を超えてしまう貸付が出資法に違反しない範囲の利息の事をグレーゾーン金利と言われているそうです。そして、利息制限法1条1項がある以上、制限利息を超える過払いをおこなった時は過払い金の返還を求める事ができるそうですが、同条2項で制限利息を超える利息を任意で支払いすれば、過払い分を返還請求を求める事ができないとされているためこの問題はなかなか難しいそうです。

債務整理を行うと新規借り入れができなくなる理由

 貸金業者などへの返済が困難となった場合に、合法的に負担を軽減する方法として用意されているのが債務整理です。債務整理には、借金を結果的にすべてなくしてしまう自己破産をはじめとして、任意整理、個人再生、特定調停などの方法があります。これらの方法を行う事は、正当な権利として認められています。

 債務整理を行った場合には、ブラックリストに載るという状態となります。ブラックリストに載るとは、信用情報機関に記録されるという事です。信用情報機関は、貸金業者などの金融機関が加盟しており、業者は機関に照会する事によって登録情報を共有する事が出来ます。債務整理を行った相手の業者だけではなく、他の業者からの借り入れができなくなる理由となっています。

 信用情報機関に記録されるのは、債務整理の方法によって異なっており、最長は自己破産を行った場合の10年間となっています。記録されている間は、金融業者から融資を受けたり、ローンを組んだりすることはできなくなってしまいます。

過払い請求を自分でおこなうことについて

過払い請求を弁護士に頼まないで自分でおこないたい・・、そう思う方もいます。実際に個人で手続をおこなうケースも存在します。ただ実際は弁護士や司法書士などに依頼する方がスムーズに進むでしょう。

自分で過払い金請求をおこなう場合は、まず自分でローン会社に問い合わせて、取引履歴の開示を請求することになります。ローン会社によっては取引履歴をすべて開示しない場合も十分にあります。

また届いた取引履歴を、利息制限法の元で正しい利息で再計算する必要があります。その後再計算した金額を提示して、相手側と話し合いや交渉をおこなわなければなりません。相手側もプロですし、知識や経験を積んできています。ですから自分たちが不利になるようにはならないように、簡単に交渉は進まないように動くことが予想できます。

やはり交渉後に決まる返済額や、交渉への労力等を考慮すると、こちらも法律のプロである弁護士や司法書士を通じて過払い金請求をおこなったほうが無難でしょう。

過払い金の相談先は、弁護士か司法書士か。

 過払い金という言葉を最近よくききます。これは、消費者金融などに返済した分で払いすぎた金額を差します。消費者金融に長年お金を借りている、あるいは金利の高い時期に借りて返済していたなどというケースがこれに該当するようです。
 こんな風にきくと、消費者金融を利用したことがある人は、自分も過払い金があるんじゃないかと考えますね。まずは該当するかどうかを調べる必要があります。そんなときには誰に相談したらいいのでしょうか。
 まず考えられるのは、弁護士か司法書士です。過払い金があるとして、これを取り戻したいと思ったら過払い金返還訴訟を起こさなくてはなりません。弁護士も司法書士も訴訟案件の代理人になることができますが、弁護士と司法書士には違いがあります。司法書士(認定司法書士)は、140万円を超えない事件だけを扱います。つまり過払い金が140万円を超える場合は、司法書士では代理人になれません。また、消費者金融側から控訴、上告された場合も司法書士では代理人になれません。弁護士はそのどちらにも対応できます。それぞれの資格によって、扱える事件に制限があるんですね。

過払い金の相談は司法書士へ

長期間に渡って借金の返済を行ってきた方は過払い金が発生している可能性があります。払い過ぎたお金である訳ですから、当然払い戻してもらう必要があります。借り入れ額や借り入れ期間によって差はありますが、大きな臨時ボーナスとなる可能性があるのです。
ところが、この過払い金は借り入れ先である消費者金融や信販会社からお詫びと共に返金されるというものではありません。黙っていては返金されないのです。この辺りは理不尽なものを感じてしまいますが、とにかくこちらから返還請求をしない限り、過払い金は戻って来ないのです。
そこで強い味方となってくれるのが司法書士です。私たちの代理人となって交渉を行ってくれるのです。その効果は絶大です。相手は金融のプロです。そこに対峙するには法律のプロである司法書士の力が役に立つのです。
もし過払い金が発生している可能性が少しでもあるのなら、お近くの司法書士事務所に気軽に相談すると良いでしょう。

消費者金融と友達から借金しました

私はFXを始めたのですが、最初は上手い具合いって利益が上がりました。
しかし、私は利益が上がったら、一旦決済することを忘れてしまって、そのまま外貨を買い続けました。
すると、今度は円高になって、外貨が暴落してしまいました。
私はFXの初心者でしたので、証拠金がなくなると困ると思って、消費者金融から40万円借りてFXに注ぎ込みました。
それでも足りず、親友に電話をして相談したら、20万円貸してくれるというので、友達から借金することにしました。
しかし、20万円だけでもたりず、友達にまた電話して20万円を貸してもらいました。
消費者金融に40万円と、友達に40万円の、合計80万円の借金が出来ました。
しかし、FXは暴落して、私はロスカットにあい、資金は底をついてしまいました。
消費者金融には、自分の作品を売って、何とか返済しましたが、友達にはまだ借金をしたままです。
友達は出世払いでいいよと言ってくれています。
早く稼いで、友達の借金を返したいと思っています。

アイフルの多彩な返済方法に注目

アイフルは消費者金融大手ですが、ほかにも多くの有名な消費者金融があるので、どこを使おうかと悩まれることも多いでしょう。金利水準も似たようなものですし、どこも銀行が親会社となっているので信用性も高いです。また大手であるために取立てで怖い目に遭うということもなさそうですし、なかなか決め手にかけてしまいます。
そんなときに考えて欲しいのが返済のタイミングのことです。返済方法は各社いろいろ取り揃えていますが、アイフルは通常の銀行振り込み以外にも、コンビニを利用した便利な返済方法が用意されています。コンビニが利用できるということは24時間いつでも返済が可能ということですし、深夜まで働いている人には非常に助かる仕組みですね。またファミポート・ロッピーといった固定端末から返済が可能になっていますので、画面を見ながらスムーズに返済をしていくことが可能になっています。その際の支払いは直接レジにて行う形になっています。

借金について思うこと

みなさんは借金をしようと思った事はありますでしょうか。私は最近まで借金をしようと思った事がなかったので特に何も考えていなかったのですが、いざ借りようと思ったときにはちょっと困った事がある事に気づきました。

それは、誰から借金をするかという事です。私は最初、親兄弟に頼ろうかとも思いました。ですが、実際に借りようと思っても誰に言えばよいのか分かりませんでした。

それが大した額でなければ親からお金を借りるのもアリだと思いました。ですが、実際はかなりの金額の上親は年金暮らしです。

そんな人からお金を借りるのはさすがにできません。だったら兄弟かとも思ったのですが、それもあまり期待できない事が予想できたのでやめました。

そこで、私が最後に頼ったのが消費者金融でした。ここなら誰にも遠慮はいりませんし、誰かに嫌な顔をされたりする事もありません。

そして、私は初めて消費者金融からお金を借りてなんとか危機を乗り越える事ができました。

過払い請求について考える

最近、テレビやラジオで過払い請求という言葉をよく耳にするようになりました。
今のところ、僕には関係のない話ですが、あまりにもよく耳にするようになったので、少し考えてみました。

簡単にいうと、過払い請求というのは、借入れした人が、払いすぎたお金がある場合、返還請求することによってお金が帰ってきますよってことだと思います。
当然、素人には難しすぎるので、それを法律事務所などが、借入れした人に代わって、過払いがあるか調べて、あれば請求を行ない、返還することが出来た場合、報酬としてその金額の一部をもらうというサービスが出来たのですね。

借入れした人は、自分が契約をして借入れたのだから払いすぎていることはないのでは、と思うのが普通だと思うのですが、実際にたくさんの法律事務所などがこのように積極的に広告をだしているということは、本当は返還請求ができる人たちがたくさんいるということを知っているからだと思います。

自分もひょっとしたら、とちょっとでも思う人は一度相談してみたほうがいいと思います。自分がCMなどで耳にする限り、無料相談を行なっているところが多いみたいですし、試して見る価値あると思います。