債務整理~過払い~

過払いという言葉を良く耳にする事はありませんか。よくCMなどでも流れる内容なので誰でも一度は聞いた事があると思います。

ですが過払いとはどんな事を指すのかは知っていますか、[過払い]という単語として考えるとなにか金銭に関わることでそれを払いすぎてしまっているようなこと、と考えると思います。

大部分の認識としてはそういった考えで合っています。過払いとは債務整理と呼ばれる自身の債務状況を整理する方法の一つで、この他にも任意整理や個人再生、自己破産なども債務整理として数えられます。

過払いとは、5年以上の借金の返済をしている方に多い事例です。法律で決められた金利を超えた、いわゆるグレーゾーン金利の利率で月々の返済を行っている場合は必ず過払いが発生します。

交渉を行い、この払いすぎてしまった金額を返してもらったりする事を過払い請求といいます。5年以上の返済と書きましたが、7年以上だと確実に過払いが起きていると思った方がいいです。

過払い請求の費用の用意

過払い請求は自力でやるとなると大変ですから、法律家に頼んでやってもらうのが普通です。
しかし、法律家に依頼するとなると、費用がかかります。
そのため、費用を用意できないと考えて、過払い請求をためらっている人も多いでしょう。

しかし、実は、過払い請求の費用は後払いが可能となっていることが多いです。
そして、費用の大半は得られた過払い金の2割といったように、割合制になっています。
そのため、過払い請求で得られたお金から支払いをすれば、差し引きプラスが残るのが普通です。

もちろん、費用のすべてが後払いというわけではありません。
前払いしなければいけない、着手金などもあります。
ただ、今現在、借金返済中の人も、過払い請求の依頼を法律家にした時点から返済をストップして構わなくなりますから、着手金の用意はそれほど難しくはないはずです。

過払い請求をしないと、取り戻せるはずのお金を取り戻せず、貸金業者に不当な利益を与えることになってしまいます。
きちんとお金を取り戻すためにも、費用を準備して、過払い請求をしましょう。

アコムでの借金の体験談

私は家電が壊れたり出かける予定が急に入ったりとお金に困ってしまった時に、アコムという消費者金融で借金をおこないました。
借金をするにあたってアコムを選んだのは、知名度やサービスの良さでした。
アコムは全国的にお店をたくさん出していますし、よくテレビなどでコマーシャルされています。
それに加えて、アコムはインターネットからキャッシング出来ることも、非常に大きなメリットです。
私は急ぎのキャッシングだったので、アコムのむじんくんという無人契約機を使ってお申込みをおこないました。
アコムでは、誰もいない無人の店舗が充実しているので、誰とも顔を合わさずにキャッシングすることが出来ます。
ただ、完全にセルフサービスのお申込みでは無く、オペレーターさんが音声で案内してくれるので、アコムを初めて使う私でも安心して使うことが出来ました。
たった一時間ほどで手続きを終えることが出来て、スピーディーさに感動でした。
アコムは金利も高すぎないですし、コンビニから返済できたのが非常に便利でした。

債務整理と督促の関係性

借金の返済ができなくなってしまいますと、返済の遅れが生じてしまいます。
その結果、家に督促の電話や手紙が多数来てしまう事もあります。
いくら督促されても返済できないものは返済できません。
督促が来ると気がめいってしまいます。
そのような状況を脱したいと思うはずです。

実はその督促をストップさせることが可能です。
それは債務整理を弁護士や司法書士のような専門家に依頼するという方法です。

弁護士や司法書士がそのような依頼を受けると受任通知というものを対象の貸金業者に送ります。
それが届いてからは督促等をしてはいけないという取り決めがあります。
それを破ることはできませんので、督促から解放されるわけです。

生活にも少し余裕が出てきまして、今後のことを冷静に考えるようなこともできます。
どのような債務整理の方法が良いのかという事も考えられるでしょう。
さらに今後の借金返済のめどについて考えるきっかけにもなります。

督促をストップさせる効果はかなり高いです。

過払い金の発生条件とは

過払い金というものに注目が集まっています。
そもそも、過払い金というものですが、利息を払い過ぎたというものになります。
払い過ぎた利息は返却されるべきなので、過払い金の返還請求というものが行われているわけです。

そもそも過払い金発生条件というものはどういったものでしょうか。
そちらについてしっかりと知ることから始めるのもお勧めです。
もしかしたら、自分に発生している可能性もあるわけです。

その過払い金の発生条件というものですが、利息制限法を超えるものになります。
消費者金融の利息などは、利息制限法によって決められています。
その数字を超えた時点で、過払い金が発生していることになります。

利息制限法によると10万円未満の場合は年利で20パーセントまでです。
100万円未満の場合は、年利で18パーセントまでです。
100万円以上は年利で15パーセントです。

それらが上限と決まっていますので、それ以上の利息は過払い金となるわけです。
もしも発生していたら返還をしてもらいましょう。

債務整理をしなければいけない状況とは

債務整理をしなければいけない状況とは、いったいどのようなものでしょうか。
あまり考えたことがない方のほうが多いかもしれません。

漠然としたイメージとしては、借金が多い場合に採用できる方法と捉えている方も多いでしょう。
それは間違いではありません。
しかし、もう少し詳しく見ていく必要があります。

単純に借金が多いというものではなく、多くの業者から借入れしているような状況の場合に債務整理が持ちいられることが多いです。
いわゆる、多重債務というものです。
複数の業者から借金をしている状況の事を債務整理というわけです。

借金というものは、最初は一つの業者から借入れを行っているわけです。
しかし、それでは足りなくなって、2つ目や3つ目と手を出してしまいます。
それが多重債務の状況です。

そうなれば毎月の支払いも滞りがちになります。
借金を返すために借金をする状況になりますので、債務整理という流れになってしまいます。
そうなる前に借金問題の解決を図るべきです。

消費者金融で評判のいいのはどのようなところなのでしょうか?

消費者金融で融資を受けたいと思った場合、気になるのがやはり会社の評判ですね。
借りると応対が悪かったり、返済をうっかり忘れたときの取り立てが恐ろしかったりするようなところは絶対に嫌ですね。
では、消費者金融で評判のいいのはどのようなところなのでしょうか?
口コミなどをネットで見てみると、結構コメントは辛口なものも多かったりしますね。
「対応が良くない」とか「厳しい審査」とか。
しかしながら、評判は利用した人が実際に思ったことを記載しているので、良くないところも一緒にしてその会社について十分に知ることができるため結構大切ですね。
こうしてみてみると、評判がいい消費者金融はやはり大手のところがほとんどですね。
大手の場合は銀行のグループに入っているので信頼もあり、返済などで問題になった際にもあまり変なことにならないという安堵感もあります。
大手の消費者金融の場合は、銀行カードローン並みに低い金利設定のところもあります。

自己破産を真剣に検討してます。

ちょっと複雑な話ではあるのですが、数年前に総額700万円程の借金があったものを、任意整理をかけてその後の利息の支払いを免除頂き、元本の返済をしていたのですが、2ヶ月程前にそれなりに大きな問題が発生しまして、今真剣に自己破産を検討してます。

実は任意整理後に関しては、あまり余裕はなかったものの、返済自体は収入の中からなんとかやりくり出来ていて返済も順調だったのですが、2ヶ月前に体が悲鳴をあげてしまったようで、脳内出血を起こして倒れるという事態が発生しました。おかげで1ヶ月の入院となってしまいその間の収入が途切れ、しかも今は退院しているのですが、前と同じペースで仕事するのは結構厳しいような状態なので、収入が大幅にダウンしそうです。

他の外傷であれば多少の無理も出来るのでしょうが、脳の話ということもあってなかなか無理の効かない体になってしまったこともあり、返済が追いつきそうもないのでということでの自己破産の検討になります。

本当であればあと3年程で完済というところだったのですが、今かなり迷っている状態です。

消費者金融系カードローンについて

消費者金融と聞くと少し前までは抵抗があるという方も多かったように思いますが、最近では消費者金融系のカードローンがとても人気ですよね。CMなども人気有名人を起用した爽やかなものが多いですし、イメージもとても改善されているように思います。
事実消費者金融系のカードローンは申し込みや審査も気軽で、キャッシング自体もとても簡単手軽にできます。なので使い勝手が良く、とても便利だと言えるでしょう。しかしその使い勝手の良さからキャッシングに対する意識の低下が目立つケースがよく見られます。金銭感覚が麻痺してしまって、どんどんキャッシングをしてしまい気がついた時にはかなりの借金をしてしまっていたなんていう事もよく聞きます。なのでそうなってしまわないように、消費者金融系のカードローンの便利さに溺れてしまわずにきちんと必要な分だけをキャッシングするようにしましょう。ご利用は計画的にと言う言葉を忘れずにキャッシングは行うようにしましょう。

今でもプロミス

キャシングはプロミスが利用しやすいです。パソコン、携帯、スマートフォンから簡単な診断をしてキャッシングが出来るので、急にお金が必要になった時、わざわざお店に行かなくても済むので時間節約になって便利です。申請してから返答がくるまで、キャッシング出来るか、出来ないかとハラハラ、ドキドキで焦ってしまいますが、キャシングが出来たら助かった!良かった!と思い、嬉しいです。また、引き出し、返済は銀行口座はもちろん、近所のコンビニのATMで24時間、365日いつでも利用できるのも魅力的です。法律改正後も年率はあまり変わらないと思います。友達が昔、利用した時、電話でプロミスにキャシングの申し込みをした時の電話対応が素早くて丁寧だったということを聞きました。パート、アルバイト、学生、未婚女性の方でもキャッシング出来て良心的だなと思います。キャッシングやローンを聞くと身分を明かすと貸し渋りや否決と暗いイメージをするのですが、プロミスは電車での中吊り広告、雑誌、CM広告を見ても安心、誠実さが伝わってきます。これからも必要なデートやプレゼントの出費とかで困ってる会社の同僚、先輩、後輩、友達にもプロミスをお薦めしたいと思います。