債務整理のうちの任意整理について

自身の借金の債務整理を行う手段の一つに任意整理というのがあります。任意整理とはどういった方法なのか簡単ですが説明したいと思います。

任意整理とは取引開始まで遡って現在の法律で設定されている金利(15%~20%)で再計算し借金の額を減らした上で金利をカット、それにより再度提示された金額を3年以内に返済するという方法です。

この方法は、継続して収入があるのと、3年ぐらいで提示された金額を返済できる方にお勧めできる方法であります。この方法のいい所は、金利が無くなるので月々の返済金額に負担が少なく、しっかりと返済することが出来れば遅延損害金が起きることがありません。
そして任意整理は直接業者とやり取りを行うため、裁判所などを通さず記録にも残らないというメリットも持っています。

ですが、デメリットとしてはこの任意整理を行った業者には記録が残ってしまい、5年程はローンなどの手続きが行えなくなる可能性があります。

デメリットを差し引いても一定の収入を持っているならやってみても良い方法だと思います。

消費者金融の利息の計算方法

消費者金融の利息というものですが、どのようなタイプの計算方法になるのかチェックしましょう。
計算方法により結果的に返済総額などが変わってくることもあるわけです。

では、消費者金融の利息の計算方法ですが、基本的に日割り計算となります。
1日ごとに利息が発生しているということになります。
ですので、繰り上げ返済などをしますと、その分の利息額をカットすることもできるわけです。

日割り計算については、基本的に1年を365日で計算します。

消費者金融の利用ですが、基本的に早めの返済になります。
数カ月で返済が終わります。
ですので、年利で18.0パーセントと言っても、必ずしも元金の18.0パーセントを支払うことにはなりません。
6か月で返済ができれば約9.0パーセントの返済で済むことになるわけです。
消費者金融のメリットには、そういった少額利用の短期返済というものもあります。
予測していた支払い利息も少なく済む事がほとんどです。
短期返済を特に意識して利用するようなこともお勧めでしょう。

消費者金融とブラックリスト関係

消費者金融の審査を受ける時に気になってしまうのが、ブラックリストというものです。
ブラックリストに悪い情報が載っていると審査落ちの原因になってしまいますので、気をつけて対応しなければいけないと思ってください。

では、悪い情報の具体例を上げます。
まずは、債務整理です。
そちらを行ってしまっていると、情報が掲載されまして一般的に審査に通ることができません。
自己破産や任意整理個人再生といったものが債務整理の中にあります。

また、長期間の滞納というものも、ブラックリストに掲載されます。
定期的にしっかりと返済していなければ、マイナスの情報が掲載され審査が厳しくなります。

さらに見ていただきたいのが、申し込みの数です。
一度に多数の消費者金融などに申し込んでしまいますと、その情報が記載されてしまいます。
申し込みについては、間に時間を置いておこなうのがおすすめです。
ひと月に3回以上の申し込みをすると悪い影響が出てくると言われていますので、参考にしてください。

消費者金融の場合には保証人が基本的に必要ではありません

融資を受ける場合には、一般的に保証人が必要ですが、その保証人を探すことが困難なことがあります。
しかしながら、消費者金融の場合には保証人が基本的に必要ではありません。
融資を保証人なしで行うということは金融機関にとってもリスクがあるわけですが、保証会社と金融機関は契約を行っているため、もし返済が不可能になったとしてもダメージを受けることはありません。
そのため、消費者金融では貸し付けを保証人なしで行ってくれるのです。
しかしながら、保証人がたまに必要な場合があります。
それは借入を希望する人の信用情報が、所定の段階まで達していないためです。
つまり、貸し付けを保証人なしで行うのはリスクが大きいため、保証人が必要ということなのです。
保証人が必要な場合はこれ以外にもあります。
学生の場合などは、基本的に保証人が求められるでしょう。
さらに多額の契約を行う際には、消費者金融でも保証人が必要になる場合が少なくありません。

キャッシングのイメージ

この不景気の時代、家族や、友人からなかなかお金を借りる事が難しいし、
正直なところ恥ずかしい事でもあります。もし、断られたらどうしよう!!
なんて不安ありますよ。私の友人はまじめに仕事をしています。
ギャンブルもしないまじめな節約主義の友人なんですが、家庭の事情が
あっての事か、私によく借りに来ていました。
時には貸してあげたいが、こちらも貸せないときってあります。
なので友人に軽い気持ちで、勧めてはみたものの、勧めるほうにもかなり
勇気がいることでした。よくCMで流れている、消費者金融会社のCM。
大手企業ではあるものの、やはり裏には見えない黒い陰があるのいでは
ないだろうか不安でいっぱいでした。CMでは、気軽さの演出で、芸能人が
イメージキャラクターになっていますが・・・。最近では、大手銀行と業務提携
してイメージがだいぶん変わりましたね。友人はその後、お金の融資に行ったそうです。落ち着く色の、緑の看板レイクにしたそうです。中は狭いが、明るく
落ち着いた空間で。丁寧に画面越しで機械とマイクを通じて、オペレーターとの契約説明などを交わしながら、約30分くらいで手続きが終えたようでした。
融資金額は少なかったものの、十分な生活費だと喜んでいました。月々の返済額も大して負担もなく完済できたそうでした。消費者金融のレイクのイメージは友人から聞いた話しだと、全然悪くなく、親切だったらしいです。
ちゃんと約束の期日に返せば、無理な借り方をしなければうまく付き合えるのかもね。

会社の給料を通院でほとんど使ってしまい、キャッシングのプロミスでお金を借りました。

私は、営業職に勤めています。精神的な病気で病院に通っていまして、給料のほとんどを使ってしまって生活ができないときがありました。その時に、スマートフォンのサイトでプロミスの広告が載っていまして利用しました。
最初は、個人情報の入力がめんどくさそうだなと思っていましたが、簡単な入力で時間をかけずに済みました。その後に、担当の方から電話で連絡があり、審査に必要な事を聞かれ、お話をして30分後に審査に通りましたと連絡を受けまして、無人契約機の方で手続きをしてくださいと指示を受けて、その日の夜に無人契約機に向かい手続きを行い無事にお金を借りることができました。もっと時間がかかると思っていましたが、1日で全て契約までできて安心しました。あまり金額を多く借りるといけないと思い、自分の身の丈に合っただけの金額を借りました。毎月少しずつですが返していきたいと思います。

借金地獄から解放する為の自己破産

借金の返済がままらない時に減額や帳消しにする方法があります。
状況に合わせた方法を利用する事で生活状態を改善の方向へ導いてくれます。

全く借金で首が回らない状況であれば自己破産をする必要があります。
自己破産は抱えていた借金生活から解放されますが、同時に信用情報機関に載ってしまうので新規で借金を申し込む事が不可能になります。
これはクレジットカードや車のローンなど色々なものが申し込めなくなるので、長い期間現金のみの生活になると考えた方が良いです。
この情報は借金を帳消しにした所のみの情報ではなく、色々な機関で共有されている為にほとんどの場所で利用はできなくなっています。
目安としては消費者金融やクレジットカードは7年で銀行などは10年ほどで信用情報機関から消えると言われています。

新規借り入れはできなくなりますが、借金は膨らむ一方でどうしようもない時には自己破産をして新たな人生として歩んでいった方が生活の改善をして良いと思います。

官報公告される債務整理

 借金返済を法律にのっとって行う方法を債務整理といいます。自己破産や任意整理などの方法があり、方法によって減額する事が出来る金額や発生するデメリットに違いがあります。現在の状況と将来に及ぼす影響を検討して上で適当な方法を選択する必要があります。

 自己破産と個人再生を行うと官報という国の広報誌に載ってしまいます。官報は購読料が必要であり、一般人が手にする機会はほとんどない読み物でしたが、ンターネット版が出来たために、以前とは少し事情が違っています。無料で閲覧ができるようになっており、名前を入れて検索すると情報を入手できるようになっています。

 インタネット版官報の有料会員になると昭和22年以降の情報を検索する事が出来るようになったので、自己破産や個人再生を行った事は、検索する事により知る事が可能です。

 任意整理の場合は、官報に載る事はありません。他人に知られずに借金を軽減したいのであれば、官報に記録されない債務整理を選択するのが適当だといえます。

過払い金請求は自己破産後でも可能です。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでお金を借りると利息が付きます。
借りたお金はこの利息をつけて返す必要があるのですが利息の上限は法律で決まっています。
これは利息制限法という法律で上限は10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%になっています。
長期間に渡って借金を返済し続けていると過払い対象になっている場合があります。
自己破産した後に過払い金に気づいたときは請求できるのか気になるところです。
結論から言いますと自己破産した後でも請求はできます。
せっかく借金がチャラになったのに藪をつついて蛇を出すようなことにならないかと思うかもしれません。
しかし過払い金は債務ではなく債権なので堂々と請求することが出来ます。
個人でも請求することは出来るのですが労力や交渉力を考えると弁護士に依頼をした方がいいでしょう。
ここで弁護士に依頼するとお金がかかるのではと心配する人もいると思います。
しかし弁護士の報酬は返還された過払い金の中から支払われるので心配はいりません。

債務整理はブラックリストに掲載されるのか

ブラックリストというものを聞いたことがある方も多いと思います。
ブラックリストとはお金を借りる時などに関わってくるものの事を言います。

例えば、ブラックリストに掲載されたままで、お金を借りようとすると拒否されます。
さらに、クレジットカードの作成もできなくなってしまいます。
ブラックリストに悪い情報が載ると様々な悪影響が出てきてしまいます。

そのリストに載ってしまうという事ですが、
最もわかりやすいのが債務整理になります。
債務整理を行うと確実に掲載されてしまいます。

例えば、任意整理であろうと自己破産であろうと、
債務整理をした事には変わりありません。
貸金業者にとっては要注意人物となりますので、
掲載されてしまいまして新しい借り入れができなくなるわけです。

債務整理はブラックリストに掲載されると覚えておきましょう。

しかし、掲載期間は永遠ではありません。
一定期間で解除されますので、心配されることはありません。
掲載期間は、5年から10年ほどです。
少し長いと思う程度で済みますので安心しましょう。