アコム等で借りたお金が返せないとき

お金が返せない時は、借金取りから逃げるという行動をしてしまう人がたくさんいると私は思います。
お金が払えない素性がわかった借金取りは、無傷で事を済ますことはできないだろうと感じてしまうからだと考察します。
確かに借金取り側からしたら借金を返済しなければ上司に怒られてしまうのは、自分たちだと言うことをわかっているので、返済してくれなければ都合が悪くなるのは当然なのです。
それでも借金をどうしても返すことが出来ないとしたら、債務整理の道しか良い方法はないと確定されます。

債務整理には、民事再生・任意整理・自己破産・過払い金関連等が該当します。
過払い金関連以外の項目では、借金返済不可状態を打開する得策案を見出すことが出来ます。
この私の挙げた3つの中で一番融通が利きやすいのは任意整理です。
そして最もこれからの人生で融通が利かなくなる方法は自己破産です。民事再生は、それらの中間的な立ち位置の債務整理です。詳しくは弁護士等に相談してみるのが良い選択の近道と言えます。

消費者金融と総量規制

2010年6月18日に総量規制が開始されました。総量規制とは、年収の1/3以上を消費者金融から借りることができない事です。そこで消費者金融は、貸出し金額が減ることを考えて、銀行の傘下に入りました。
アコムは三菱UFJグループ、プロミスは三井住友グループ、レイクは新生銀行グループに入りました。消費者金融と銀行の違いは、消費者金融は無担保・保証人なしでお金を貸す事に対して、銀行は、担保や連帯保証人がいなくては貸さない事です。
なぜ消費者金融が銀行の傘下に入った理由は、銀行にも利点があるからです。消費者金融は、一昔前は30%以上の金利でお金を貸し出していましたが、グレーゾーン問題もあり金利が15~18%になりました。しかし、銀行が貸し出す金利より遥かに高い金利です。銀行は、貸し出しても安全な場所と考え、自らのグループの消費者金融にお金を貸出し、金利で儲ける作戦に出たのです。
総量規制を反対していた植木職人は、今後、仕事ができなくなると言っていました。理由は、植木職人が、1000万の仕事を受けた場合、600万円の植木等を顧客からお金を受け取る前に購入しなければなりません。しかし、600万が年収の1/3を超えてしまい、消費者金融からお金をかりる事ができなくなりました。結果として、仕事の受注が取れなくなったそうです。

キャッシングのメリット

キャッシングのメリットですが、現金を手に入れられるというところです。キャッシングはよくクレジットカードと同じようなものと言われることがありますが、実際はかなり違うものです。キャッシングとクレジットカードは共にお金を現在持っていなくても買い物ができるものです。ただ、クレジットカードは品物などを手に入れることはできますが、キャッシングのようにお金を直接受け取ることはできません。なので、キャッシングはカード払いができないようなときに便利です。一部のカードが使えないような店や、現金をあげなければならないような時に使うことができます。現金をあげなければならないような時とは結婚式やお葬式です。こういった時にはクレジットカードでは対応できません。ただ、後日借りたお金を振り込む点ではクレジットカードとは同じです。しかもきちんと返さないと今後借り入れができなくなる恐れもあります。

競馬で熱くなりすぎて電車賃もなくなりキャッシングでお金を借りました

私は競馬が趣味で日曜日はいつも競馬場に入り浸っています。
その時は予想が全然当たらずに負けてばかりいました。
なんとか負けを取り戻そうとレースを続けたのですが熱くなりすぎてしまい最期には交通費までなくなる有様でした。
15km先の自宅まで歩いて帰る訳にはいかなかったので近くにあった自動契約機でキャッシングをしました。
日曜日でも申し込みが出来るのか少々心配だったのですが自動契約機には普通に入ることができて申し込みをすることが出来ました。
中には店員などもいなくて自分で機械を操作して手続きを進めます。
画面に表示される指示に従って申し込み手続きを進めればいいので思ったよりも短時間で簡単に手続きを済ますことができました。
審査には少々時間がかかりましたがそれでも20分ほどで結果がでたので長々と待たされたという印象はなかったです。
おかげで電車と使って自宅まで変えることができました。

初めてキャッシングをした時のドキドキ感を思い出してみました

キャッシングというのは普通に生活をしていると縁が無いものかと思っていましたが、まさかの私が利用をすることになりました。
キャッシングでお金を借りた原因は、遊ぶためでした。
たかが遊ぶためと言っても大切な友人との遊びでしたので私にとっては重大な事でした。
お金が必要になり、私はキャッシングで借り入れをする決意をし、インターネットでキャッシングについて色々と調べました。
あまり無名なキャッシング会社は危ういので借り入れをしない方が良い、とか、ここのキャッシング会社は一ヶ月間ならば利息が無料だ、などといった情報を集め、自分に一番合ったキャッシング会社を選びました。
今まで何度か、予行練習としてキャッシングのサイトの申し込みページに記入をしていたので、本番の時にもあまり緊張をしませんでした。
申し込んで即、お金が手に入ったのが印象的でした。

自己破産のことについて

自己破産というのは自分が負っている多額の借金をなくしてしまうことが大きな特徴となります。
自己破産をしてしまえば月々の返済もしなくてもいいので、普段の生活を送ることができます。
この自己破産は借金の額の額が一定以上超えたらできるというわけでなく、返すのが困難であると判断されれば誰でも行うことができます。
これらはインターネットなどや電話で弁護士に依頼すると行ってくれます。
インターネット上であるサイトではメールでの無料相談を行ってくれるところもあります。
このように自己破産のメリットはいくつかありますが、当然のようにデメリットもあります。
大きなものとしてはクレジットカードを扱っているところにブラックリストとして載ってしまいます。
ブラックリストに載ってしまいますと、クレジットカードが使えなくなります。ブラックリストは10年以内はついていきます。
また、マイホームがある場合ですと、その家を失う可能性があります。

個人再生の特徴とメリット

 借金返済が苦しくなった場合に、合法的に軽減する方法として債務整理があります。債務整理には、自己破産、任意整理、個人再生、特定調停などの種類があり、それぞれに特徴とメリットがあります。

 個人再生とは、自己破産と任意整理を合わせたような内容の方法であり、自己破産のように裁判所に申し立てを行い、任意整理のように借金を軽減するという内容となっています。自己破産よりもデメリットが少なくて、任意整理のように業者が交渉に応じない心配もありません。

 自己破産の場合には、ギャンブル目的の借金の場合は免責不許可となったり、職業制限がかかるデメリットがありますが、個人再生は借金の理由によらず申請する事が可能であり、職業が制限がかかる事もありません。

 完全に借金をゼロにすることはできませんが、20パーセント程度にまで減少させる事が可能です。自己破産と比較すると信用情報機関に記録されている期間も短いというのもメリットとなっています。

借金問題で困ってしまったら

とても返済できないような多額の
借金問題で困ってしまったら、一人で悩まずに専門家にご相談してください。
弁護士や司法書士は借金問題についても詳しく、
法律にのっとって解決を目指してくれます。
債務整理には任意整理・自己破産・特定調停・個人再生など、
いろいろな方法があります。
任意整理では利息制限法に基づいて引き直し計算を行い原則3年間で完済を目指します。
将来利息がカットされる上に、過払い金があれば戻ってきます。
自己破産では借金は全てなくなりますが、
マイホームや土地などの不動産やマイカーなどを失ってしまうことがあります。
ブラックリストにも載ってしまいますし、連帯保証人や家族にも迷惑をかけてしまいます。
最後の手段としてできるだけ選ばないほうが良いでしょう。
個人再生では大幅に借金が減額された上にマイホームに住みながら原則3年間で完済を目指せますが、
継続的な収入の見込みがない方は利用できません。
どの債務整理が自分に合うのか専門家が判断してくれるので、なんでも相談してみると良いでしょう。

過払い金で結婚記念の指輪を購入しました

私は若い頃からギャンブルに明け暮れて、消費者金融で借金を重ねてきました。その度に付き合っていた彼女にその返済をお願いしていました。だから、借金していてもそれほど気にすることなく8年間ほどその借金を払い続けていたのです。しかし、そんな私を見かねてついに彼女が住んでいたアパートから出て行ってしまいました。私は、失ってはじめて彼女の存在の大きさに気づいたのです。それから、私はギャンブルをキッパリとやめて消費者金融でのお金の返済も朝夜バイトをして2年で全額完済しました。
そして、それを機にふたたび彼女にアタックしたのです。すると彼女は私の元に戻ってきてくれたのです。そして結婚しました。
それから月日がたって5年後、ふとテレビを見ると過払い金のCMが流れていました。それを見たときに10年かかって返済してきた消費者金融での借金にも過払いがあるのではと思い始めたのです。そこでインターネットで見つけた司法書士の方に相談してみると、過払い金が発生している可能性があるとのことでした。そこで成功報酬の約束で、依頼したのです。すると、半年後になんと過払い金が60万円も戻ってきたのです。あまりの多さにビックリ。
私はこのお金を利用して、結婚記念の指輪を彼女にプレゼントすることにしたのです。彼女はとても喜んでくれました。

友人からの借金で会社が設立できました

もう30年以上も前の話です。僕は脱サラをして会社を興そうと思っていました。サラリーマン時代に培った人脈やノウハウを生かして、小さな町工場を経営することになったのです。
一緒に誰かと共同で経営するというのではなく、一人でやっていこうと思っていました。とりあえず始めるまでには工場の敷金やら機械代など色々なお金がいります。
サラリーマン時代に貯めたお金を元手にするのはもちろんですが、それだけでは足りないということがわかり工場が借りれるかどうかという状態になってしまいそうでした。
立地的にも広さも申し分ない工場だったのでどうしてもそこを借りたくて色々な人に借金のお願いをしたのですが、やはり断られ続けました。
そんな時サラリーマン時代の友人が僕のことを信用して貸してくれたんです。本当に感謝しました。
それから一生懸命働き、事業は軌道にのりました。貸してくれた友人には当然ですが全額返済しました。本当に感謝しています。