過払い請求にかかる費用について

過払い請求をするには司法書士または弁護士に依頼することが必要ですから、当然、依頼費用がかかってきます。

過払い請求の費用は依頼する司法書士、弁護士によって異なりますが、おおよそ、3種類の費用がかかります。

1つ目は、初期費用です。
これは言葉通り、依頼開始時に支払う費用で、1、2万かかります。

2つ目は、基本報酬です。
これは、過払い請求が成功した際に支払う費用です。
過払い請求対象1社につき、2、3万かかります。

3つ目は、過払い報酬です。
これは、戻ってきた過払い金の額に応じて支払う費用です。
過払い金の10%から20%を支払うことが多いです。

以上のように、過払い請求をすると様々な費用がかかるわけですが、過払い報酬は比率制で、初期費用と基本報酬は固定制なことに注意しましょう。
つまり、あまりに過払い金が少ない場合は、初期費用と基本報酬を払うだけで、ほとんど過払い金を使い切ってしまうこともあるということです。
あらかじめ、依頼費用と過払い金の差額がどのぐらいになるかを調べておきましょう。

過払い金請求するとブラックリストに載るの?

過払い金請求とは文字通り返済しすぎた利息を返して貰うことです。
借り入れしたお金に対する利息の上限は法律で決まっています。
消費者金融などでお金を借りて利息制限法の上限を超えて利息を払っているときは返還を要求することが出来ます。
過払い金が戻ってくれば借金を減らすことも出来ますし完済した後なら思わぬ臨時収入にもなります。
なので自分の借金を調べてみて利息を払いすぎている場合は積極的に過払い金を請求しましょう。
過払い金を請求するというブラックリストに登録されるという噂があります。
ブラックリストに登録されると新しくローンが組めなかったりするので心配する人も多いと思います。
しかし実際に過払い金請求をしてもブラックリストには登録されません。
ただ同じ消費者金融会社からお金を借りるが出来なくなるかもしれません。
消費者金融は一社だけではないのでもどうしてもお金に困った時は別の消費者金融から借りるという選択肢もあります。

株式やFXでの負債は自己破産は出来ない

支払いきれない借金を精算することが出来る法的手続きを破産と言います。
自己申告によってこの破産手続きを行う事を自己破産と言い、会社などが絡んでない場合の多くはこの自己破産が一般に想像される破産手続きに相当するでしょう。
自己破産というのは、債務者がその債務を完済することができない状態でも、支払いを一気に精算することが可能である制度です。
しかし、それは全ての負債を精算することが出来る物ではありません。
場合によっては破産手続きが受理されず、自己破産が出来ないケースも存在します。
例えば、株式やFXといった投資によって生じた負債。
これは自己破産の免責許可理由にはあたらず、これによって莫大な負債を抱えたとしても免責にはなりません。
近年では手軽に投資をすることが出来るため、法整備が整いつつあっても未だに巨額の負債を抱えてしまう事例が存在します。
免責が出来ない以上一生をかけて支払っていくことになりますので、投資を始める際には自己破産という逃げ道が無いということを知っておきましょう。

任意整理の長所と短所

 任意整理は、債権者と交渉を行い返済額や返済期間を有利な条件に変える手続きの事です。自己破産と比較すると信用情報機関に記録される期間も短くなっており、自己破産のように資格制限がかかる事もないので、デメリットが少ない方法となっています。借金を零にするのではなく、返済する金額やペースを可能な形に変えるというのが目的となっている方法です。

 任意整理と名付けられているように、あくまでも任意での交渉です。債権者側には、任意整理の交渉に応じなければならない法的な根拠はありません。任意整理を行ったからと言って必ず借金を減額できるわけではないという事を認識しておく必要があります。

 任意整理の手続きを法律家に依頼すると業者からの取り立ては停止される事になります。具体的な返済プランを立て直す時間的な余裕が生じる事になります。任意整理後の返済状況が良好であれば、信用情報機関に記録される期間も短縮される可能性があり、新規借り入れを早い段階で行えるようになります。

アコムで安心の借入れ

消費者金融のアコムですが、非常に安心して借り入れができるという印象があります。
やはり、消費者金融業者の中でもかなり大手であるということが理由です。
大きな業者でしたら安心して利用ができます。

さらに審査もそれほど厳しくないと言われています。
大手なので資金力も豊富であるという理由がそちらにはあります。
資金力が豊富なら借入額も大きな額をいただけるという期待を持っている方も多いです。

ただし、注意しなければいけないこともあります。
その注意しなければいけないことですが、実は総量規制があるということです。
それはアコムでも同じことになります。

総量規制は年収に関わるものになります。
年収によって借入れできる金額に違いが出てきます。
アコムで借入れする時にも、どうしても必要になる場合があります。
ッ基本的に50万円以上の借り入れを行いたい時には総量規制の問題が出てきます。
収入証明をしなければいけないと理解してください。

収入証明は、それほど難しくありません。
確定申告書のコピーなどで対応できます。

レイクは無利息キャッシングで人気

レイクは大手の消費者金融として名が知られていますが、その人気が高い理由として無利息キャッシングが挙げられます。利息はキャッシングをする上でどの会社を選ぶかの重要な判断基準ですが、翌月までに返済できるならば断然レイクを利用するべきです。30日間までならば無利息で制限なく限度額まで借りられますし、五万円までならば180日間も無利息で利用できます。
インターネットの申し込みフォームから必要事項を記入するだけで簡単に申し込みもできます。家族に知られることがないように郵便物を一切送付してこないようにお願いすることもできますし、ローンカード受け取りも郵送ではなく無人契約機からの受け取りを選ぶことができます。
どうしてもお金に困っているというときにレイクの存在を覚えておくと良いでしょう。無利息で借りられる上にインターネットでの申し込みも便利となると使い勝手は非常に良いですので、初めての利用者の方におすすめできます。

プロミスのサービスはとってもお得

消費者金融でキャッシングしたいんだけど、どこがいい?と聞かれることがよくあります。
そういう時私は、開口一番プロミスをお勧めしています。
私がプロミスをおすすめするには3つの理由があります。
まずは低金利です。プロミスでは最高金利が17.8%に設定されています。同業他社の場合は18%です。
わずかではありますが、支払う金利は低いに越したことはないですよね?
2つ目の理由は無利息期間です。
プロミスは低金利ながらも初回限定30日間無利息というサービスがあるんです。
支払う金利は少なければ少ないほどいいですよね。
そして3つ目の理由は振り込みキャッシングの充実です。
もちろん、ATMを利用してのキャッシングもできますが、プロミスではネットや電話を通じて依頼するキャッシングサービスがかなり充実しているんです。
例えば、瞬フリというサービスでは、平日の昼間であれば依頼してから1分以内に指定口座に振り込まれます。
振り込み手数料は無料です。また代フリというサービスでは、自分の名義で第3者の口座に振り込んでくれるんです。
プロミスの名義は一切表に出ませんので安心してください。
このようにプロミスでは他社にないお得で便利なサービスを提供しているんです。

司法書士も債務整理の手続ができます

人が生活をするためにお金が足りなくなってしまった場合などに消費者金融から借金をすることもありますが、借金をしすぎてしまい返済をすることができなくなってしまった場合には法律の専門家に債務整理の手続をお願いすることになります。

そして法律の専門家と言えばまず弁護士があげられますが、債務整理の手続をすることのできる法律の専門家は弁護士だけではなく司法書士もできます。
司法書士とは主に土地や建物などの不動産や会社などの登記の手続の専門家というイメージがありますが、司法書士法の改正により一定の制限はあるものの訴訟代理をすることや和解の代理の手続をすることができるようになりました。
それによって消費者金融と和解の交渉をしたり、訴訟をしたりすることによって債務整理の手続がよりやりやすくなったので現在においては多くの司法書士が債務整理の手続をして借金に苦しんでいる人を救っています。

そして司法書士に債務整理を頼むと報酬が安上がりで済むのと弁護士のように敷居が高くないので気軽に相談できるメリットがあります。

過払い金に関する基礎事項

消費者金融に借りたお金に関しては、過払い金がかなりの額になっていることもあります。といいますのも、長年消費者金融はいわゆるグレーゾーン金利で利用者にお金を貸し付けていたからです。この過払い金問題は、以前出資法と利息制限法の上限金利が異なっていたことから生じた問題です。利息制限法には違反した際の罰則がなかったために、消費者金融は長年罰則のある出資法の上限金利でお金を貸し付けていました。
要するに利息制限法に違反している金利ではあるけれども、出資法には違反していないのでグレーゾーン金利と言われていたのです。しかしながら最高裁がこのグレーゾーン金利を無効とする判決が出たため、以後消費者金融は利用者に対してもらい過ぎていた金利の分を返還する必要が出てました。
こうした過払い金返還訴訟は本人が行うほかに、弁護士や認定司法書士が行うことができます。まずは近くの事務所に相談をして見ることから始めてみましょう。

借金を親に肩代わりしてもらった

私はFXの取引の資金にするために消費者金融にいくつか借金をしました。
最大で200万円もの借金を抱えることになり、頭を悩ませていました。
それでも借金はこつこつと返していくことができ、120万円ほどまで減らすことができました。
しかしある日借金をしていることが親にばれていしまいました。
親はひどく悲しみまた非常に怒られました。
私は申し訳なく思いましたが、借金は着実に減ってきており何とか自分の力で完済まで持っていくことができると説明しました。
しかし親は残りの借金はいくらだと聞き、後日その金額を私のところに持ってきました。
私は最初は受け取りを拒否しましたが、親が必死にとりあえずすぐに完済しなさいと言ってきたので、しぶしぶ受け取り一括で借金を完済しました。
そこからは親に少しづつ借金を返済していき、最近ついに完済することができました。
最初は軽い気持ちで借金しましたが、親を傷つけてしまったことに後悔しています。
これからは堅実に生きていきたいと思います。